懐かしのゲーム紹介『スーパープロフェッショナルベースボール』スーパーファミコン

スーパープロフェッショナルベースボール

ジャレコから発売されたスーパーファミコン初の野球ゲーム、スーパープロフェッショナルベースボール

その実態はファミコン時代の燃えプロの焼き直しだった!?(笑)

機種 スーパーファミコン
メーカー ジャレコ
ジャンル スポーツ
発売日 1991年5月17日
価格 8,700円

ゲーム概要

プレイヤーは、実在のプロ野球を元にした架空の選手が所属する12球団からチームを選択。
選手名に漢字はなく全部ひらがな表記です。

COMとの対戦プレー、2プレイ対戦、ウォッチモード、エディットモードの4種類がある。
ペナントレースはなく対戦方式で試合後には11項目で採点がされます。

 

コントローラー操作

十字ボタン カーソル移動、コントロール
Aボタン 決定、投球、送球、
スイング、帰塁
Bボタン ベースタッチ、ジャンプ
リード、盗塁、走塁、バント
セレクトボタン ゲームモード選択
スタートボタン ゲームの開始、タイム

試合終了後の採点画面

減点項目は多いが加点項目は少ないという厳しい仕様

やけにイラッとくるアドバイス(?)も貰えます

  何度か煮え湯を飲まされながら漸くLEVEL5で100点ゲット

なお、ゲーム開始は必ずLEVEL1からとなる為、最低でも2戦はこなす必要があります

スタッフロールは微妙な一言コメント付き

「おれはやきゅうがにがてだった」…(笑)




■裏技

◇山なり変化球

ピッチャーの投球数を増やしてスタミナを0まで減らす。

十字ボタンの下を押しながらBボタンでボールを投げる。  すると、超変化球が投げられる。

ボールが一度画面の外まで上がったあとにホームベースに落ちてくる変化球だ。

◇ボール操作

タイトル画面が表示される前に、カキーンというバッティング音と一緒にボールが飛んでくる。

L、またはRを押しながら十字ボタンを押す。  すると、十字ボタンでボールを操作できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。