懐かしのゲーム紹介『ロードランナー』ファミコン

ロードランナー

 

『ロードランナー』は1984年7月20日にハドソンからファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたパズルアクションゲーム。

オリジナルは1983年に米ブロードバンド社よりApple Ⅱ用ソフトとして発売された。

オリジナルの段階で高い水準で完成されたパズルアクションゲームとして有名であり

この36年間で100種類以上の『ロードランナー』が20社以上から発売されている。

本記事ではハドソンから1984年に発売されたファミコン版『ロードランナー』を中心に紹介する。

ロードランナーとは

f:id:zel_8bit:20190319221533j:plain

ロードランナーとはステージ内に散らばる金塊を全て集めて、ステージ最上階から脱出するのが目的のゲームである。

ステージには警備ロボットが複数体巡回しており、主人公を捕まえようと追いかけてくる。

f:id:zel_8bit:20190319221723j:plain

主人公の「ランナーくん」はレーザーガンで左右のレンガを掘ることができ、掘ったレンガは一定時間経つと自然に再生する。

これを利用して、普通では行けない場所に入り込んだり、警備ロボットを穴に落とし倒したりすることができる。

f:id:zel_8bit:20190319221750j:plain

これらの仕様によるパズル要素が加わることで他に類を見ない傑作タイトルとなった。

警備ロボットに捕まったり、掘ったレンガに自ら埋まってしまうとミスとなり1機失う。全機失うとゲームオーバーとなる。

ドメイン取るならここがおススメ!!

バンゲリング帝国三部作

『ロードランナー』は「バンゲリング帝国三部作」のひとつである。

「バンゲリング帝国三部作」とはバンゲリング帝国との戦いを舞台に

描かれるブロードバンド社の開発によるゲームソフトであり、下記の3つのタイトルがそれに当たる。

 

f:id:zel_8bit:20190316072903g:plain

バンゲリング帝国に強奪された金塊の奪還を描く『ロードランナー』。

 

f:id:zel_8bit:20190316074021p:plain

バンゲリング湾への強襲作戦を描く『バンゲリングベイ』。

 

f:id:zel_8bit:20190316072914p:plain

バンゲリング帝国につかまった捕虜の救出劇を描く『チョップリプター』。

 

これらのタイトルはすべてファミコンに移植されており

『バンゲリングベイ』と『ロードランナー』はハドソンより、『チョップリプター』はジャレコより発売されている。

クラシック版『ロードランナー』

f:id:zel_8bit:20190320104850j:plain

記念すべき元祖『ロードランナー』は米ブロードバンド社により、Apple Ⅱ用ソフトとして発売された。

日本ではハドソンから発売されたファミコン版のイメージが強いとは思うが、こちらが元祖でありオリジナルである。

f:id:zel_8bit:20190319221833j:plain

キャラクターが半角1カーソルのサイズでとても小さいので、ステージを1画面に納められているのが特徴。

f:id:zel_8bit:20190319221813j:plain

現在ではアプリ版が発売されており、スマホやタブレットでプレイすることが可能である。




ファミコン版『ロードランナー』

初のサードパーティー製ソフト

f:id:zel_8bit:20190319221854p:plain

先ほども記述したが日本で『ロードランナー』と言えばハドソンが昭和59年に移植・発売したファミコン版を思い浮かべる人が大半であろう。

実はこのソフト、同社の『ナッツ&ミルク』と並んでファミコン初のサードパーティー製ソフト(任天堂以外の会社のソフト)として有名である。

f:id:zel_8bit:20190319222000p:plain

初の横スクロール画面採用ソフト

f:id:zel_8bit:20190319222031p:plain

そしてファミコン初のスクロール画面を採用した記念すべきタイトルでもある。

ファミコン版は低年齢層のファミっ子たちが対象と言う事もあ

、オリジナルに比べキャラクターサイズが大幅に大きく、可愛くなっている。

f:id:zel_8bit:20190319222110p:plain

そのためステージが1画面に表示し切れず左右スクロールが採用されることになった。

しかし本家のブロードバンド社からは

“1画面に表示できないとパズル性を損ねる恐れがある”とスクロール採用にNGが出てしまった…。

耳に残るBGM

f:id:zel_8bit:20190319222312p:plain

ファミコン版『ロードランナー』と言えばあの心地よいBGMである。

あのリズミカルで可愛い独特のBGM

不思議と耳に残る音楽であり今でも憶えてるゲーマーも多いのではないだろうか?

f:id:zel_8bit:20210223053558p:plain

このBGMは翌年発売された続編『チャンピオンシップロードランナー』でも再び採用されている。

ファミコン ロードランナー 初期版(箱・説明書あり) FC【中古】

価格:2,780円
(2022/2/9 17:06時点)
感想(0件)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。