ファミコンソフト【パックマン】ギネス記録を持つ伝説のゲームを振り返る!

ファミコンソフト【パックマン】の概要

ファミコンソフト【パックマン】は、1984年11月2日に
ナムコ(現バンダイナムコ)から発売されました。
元々はアーケードゲームとして有名だった同タイトルの
移植版で、ファミコン初期にリリースされた中では
発売前から知名度が高いファミコンソフトだったと言えます。
アーケード版同様に、操作は十字キーでの上下左右のみを
使うシンプルなもので、老若男女誰でも気軽に楽しめる
ゲーム性で親しまれていたナムコを代表するゲームタイトルの一つです。




ファミコンソフト【パックマン】はどんなゲーム?

パックマンを知っていますか?
この問いに対して、現代の若者はいざ知らず
30代以上の世代ならほとんどの方が知っていると答えるでしょう。
しかし、実際にプレーした事がある人となれば話は別。
パックマンとはどのようなゲーム内容だったのか?

ゲーム内容は至ってシンプル。

1.ステージにある全てのクッキーをパクパク食べる
2.個性の異なるお邪魔キャラに当たってはいけない
3.パワークッキー(大きな丸)を食べると
一時的に敵キャラを逆に食べて中央に戻す事ができる

基本的にルールはこれだけです。
とにかく、敵に当たらないように上手に
パックマンを動かしながらステージ内に
ある全てのクッキーを食べればクリアとなります

『とにかく早い者勝ちっ!』ドメイン取るならお名前.com

世界で最も成功した業務用ゲーム機【パックマン】

冒頭でも軽く触れましたが、パックマンは
元々はアーケードゲームとして有名だったタイトルです。
ファミコンに移植されただけでなく、ミッドウェイゲームズに
よってアメリカでも発売されるなど、世界的大ヒットを記録しています。
2005年には、1980~1987年までの期間で業務用ゲーム機として
29万3,822台(ロイヤリティーも含めた数)販売した実績が認められ
ギネス認定で「最も成功した業務用ゲーム機」として世界一となっています。
しかし、この業績はあくまでも「業務用ゲーム機」としてのパックマンの話
ファミコン版に移植され、メガヒットを期待されていたパックマンですが
アーケード版で知られ過ぎていたせいか売上本数はそこまで
伸びなかったようで、ファミコンソフト歴代売上ランキングでも圏外に甘んじています。
ファミコン版のパックマンが具体的にどれくらいの本数が売れたのかは
定かではありませんが、同時期に発売されているソフトが
歴代ランキング上位に掲載されている事を併せ考えると
思ったよりは売れなかった・・という印象は拭えないと言えそうです。

1984年に発売されたファミコンタイトル例(累計売上本数)

・ゴルフ(246万本)
・エキサイトバイク(157万本)
・テニス(156万本)
・F1レース(152万本)
ゼビウス(127万本)
・ロードランナー(110万本)

中でも、ゼビウスはパックマンと同じくナムコから1984年に
発売されていて歴代売上ランキングに名を残す大ヒットを
記録しています。業務用ゲーム機としては大成功をおさめた
パックマンですが、ファミコンソフトとしての売上は
同時期発売のソフトに比べると、売上を伸ばせなかった事が判ります。




パックマンにまつわるエピソードや小ネタの紹介

ファミコンソフト【パックマン】は、アーケード版の移植という事もあり
ゲーム内容に関しては大きな違いも無く特筆できるポイントもあまり無いと言えます。
そこで、ナムコの代表的キャラクター「パックマン」にまつわる
エピソードや小ネタなどを紹介しておきましょう。

ステージレベル(ラウンド)による違い

パックマンは、ファミコン版・アーケード版の
どちらもラウンド1からスタートして、クリアするたびにラウンド数が増えていきます。
ラウンドが進むと

・自キャラと敵キャラの移動速度が上昇する
・パワークッキーの効果時間が減少する

以上の変化が少しずつ起こり難易度が上がりますが
ラウンド20までが一つの区切りとなっています。
ラウンド21以降は、難易度に変更はなくミスさえなければ
延々とラウンドを続けることができます。
アーケード版ではラウンド255をクリアして
ラウンド256へ到達してしまうとバグが発生して
クリア出来なくなるという現象が起きていましたが

ファミコン版では問題無くラウンドを進めることが出来るようです。

パックマン誕生秘話①

パックマンを開発したのはゲームクリエイターの
岩谷徹氏で、ゲーム業界全体が戦争や闘争をテーマに
している事から「女性でも遊べるゲーム」というコンセプトから製作されています。
年齢・性別を問わず判りやすいゲームにするため
「食べる」だけというシンプルなゲーム性にして
可愛らしいキャラデザインとレバーだけで動かせるようにしたそうです。
ちなみに開発した岩谷氏自身は「何が面白いのか判らない
と評していて、ここまでの大ヒットを記録するとは
夢にも思わなかったことでしょう。

パックマン誕生秘話②

パックマンのキャラデザインに関しても
開発エピソードが岩谷氏から語られています。
ギネス認定を受けた2005年のコメントでは
「ピザを食べようとして一片を手に取った時に思いついた」
と語っています。また、パックマンというネーミングは
まさに食べる時のパクパクという擬音や、アイスホッケーで
使用するパックを参考にして名づけられたと言われています。

まとめ

ファミコンソフト【パックマン】は当時
アーケードで大人気だったパックマンを
家庭で手軽に楽しめるゲームとして人気を博していました。
売上こそ記録は残せなかったものの、話題性は
充分でシンプルで誰でも楽しめるゲーム性は
現代のレトロゲームファンからも高く評価されているゲームの一つとなっています。
ナムコからは、様々なハードでパックマンの
兄妹ソフトが販売されていますので、歴代の
パックマンシリーズをプレイして比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。
以上、ファミコンソフト【パックマン】に関する情報をお届けしました。
最後までお読み頂きありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。