懐かしのゲーム紹介『ルナーボール』ファミコン

ルナーボール

発売日 1985年12月5日 木曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量
メーカー ポニーキャニオン

■□変則ビリヤードゲーム□■

玉に書いてある番号に関係なくポケットに すべてのボールを落とすと次のステージへと

進めるビリヤードゲームである。 台の形は長方形だけでなく様々な形があり 盤面の種類は30種もある。

60ステージまで 面セレクトも可能なので、1つ1つクリアが できなくてもいろんな台で遊べるゲームだ。

画面は台を真上からおろした視点で キュー(突く棒)は表示されない。

まずは手玉を中心としてカーソルが動くので 打つ方向を決める。

画面右上に出ている パワーゲージは自動的に動いているので 打つ力加減に応じてタイミングを

見計らって ボタンを押すという操作方法だ。 ショットの回数は決められており

手玉がポケットに入ってしまったときも 手持ちのボールが減る。

ミスなくポケットにボールを落として いけば得点も大きく加算されていく。

ひとりでもできるが、コンピューター対戦と 2P対戦がある。

■□摩擦係数□■

このゲームのおもしろいところは摩擦係数を 設定できること。

普通、ビリヤードを やっていても、ボールを突いたら自然に 動きが止まる。

これはボールと台との摩擦 および重力に関係しているのだが、この数値を 0にすると無重力空間に

放り出されたボールの ように永久に動き続けるのだ。

そんな恐ろしい設定ではゲームにならないが ボールの動きを重くしたり軽くしたりして遊べる。

ピンボールのように単純なゲームだが なかなか思うようにいかず難しい。 だがつい熱中してしまうゲームだ。




操作は簡単。
画面に白球を中心にカーソルが表示されています。
十字キーの上下左右でカーソルを動かし狙いを定めたら
今度は画面右上に注目。
赤いゲージが左右に行ったり来たりしてますがこれがパワーゲージ。
右に行くほど強いショットが打てます。
ということで打ちたい強さの所にゲージランプが来たら
あとは1or2ボタンを押すべし!押すべし!です。

狙い通りポケット出来る事を祈りましょう(笑)

モードは一人用と二人用、そして対CPU戦のVS COMP GAMEの3種類。
二人用と対CPU戦は同じ台で対戦、的球を落とせないかミスするまで
打ち続けることができ、ミスしたら相手の番。
あとは手球が尽きるまで交互に繰り返してのスコア勝負です。
一人でハイスコアを狙うなら対CPU戦がオススメです。
ビリヤードで対戦する時、こっちがどう打ってもポケット出来そうにない場合、
相手のミスを誘うべくさらに厳しい情況にしてショット権を渡すのですが
ルナーボールのCPUはとにかく落とすことしか考えてないので
難しい局面はCPUにやってもらいこちらは手球温存していけば、
結果として多くのステージをプレイできますので稼ぐことが出来るのです。

楽天なら欲しいものがきっと見つかる⁉

【中古】 FC ルナーボール

価格:1,000円
(2022/2/14 16:38時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。