懐かしのゲーム紹介『1942』ファミコン

1942

ジャンル シューティング
対応機種 アーケード
発売・開発元 カプコン
稼動開始日 1984年
プレイ人数 1~2人(交代)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
※バーチャルコンソール版より付加
配信 バーチャルコンソールアーケード
2010年12月21日/800Wiiポイント
判定 なし
ポイント 記念すべき19シリーズの第一作
宙返りを始めとするアドリブ重視の攻略法

1984年にカプコンからアーケードにリリースされた縦シューティング。
後にシリーズ化もされる『19シリーズ』の記念すべき一作目であり、『バルガス』に次ぐカプコンリリースの縦シューティングです。

自機である「P-38ライトニング」を操り、ミッドウェイから沖縄までの激戦区を乗り越えるのが目的。
言い換えれば「アメリカ軍パイロットとして大日本帝国海軍を壊滅させるゲーム」です

<操作方法>

十字ボタン・・移動

Aボタン・・・宙返りをして敵機・弾から逃れることができます

Bボタン・・・プレイヤーの前方向に機銃を発射します

SELECTボタン・・・タイトル画面でゲームセレクトに使用

STARTボタン・・・ゲームのスタート、ゲーム中のポーズ

ドメイン取得はお名前.comがおススメ♪


アイテム

赤編成敵機を全滅させると出現
Pow(緑) 自機ショットのショットの幅が広くなるパワーアップ。一個取得すればフルパワー。
Pow(白) 画面内の敵を全滅させる。
Pow(灰) 自機両端に補助オプションにあたるサイドファイターを付ける。サイドファイターは自機とは別にショットを放ってくれ、攻撃範囲が増す。
敵に触れたり敵弾に被弾するとそのサイドファイターは消滅してしまうが、通常では耐久力のある中~大型の雑魚敵に当てるとそいつを一撃で破壊してしまう。
また、ボス戦では一時的にサイドファイターは戦線から去ってしまう(ボス撃破後にて元に戻る)。
Pow(橙) 一定時間、敵が弾を放たなくなる。余談だが、『バルガス』にも似たような効果のアイテムが存在した。
Pow(黄) 「R」ストックが1追加される。
Pow(黒) 自機の1UP。滅多に出現しない。
Pow(赤) スコア1000点ボーナスのみ。(他のアイテムに関してもスコア1000点ボーナスは併用で入る)
雑魚を200機破壊すると登場する小型機を倒すと出現
弥七 スコア5000点ボーナス。

空母から愛機P-38を操作して、敵の弾を避けつつ敵をひたすら撃つという単純なゲーム。

敵に当たったり、敵の弾に当たるとミス。ステージクリアごとに空母にまた戻る。

当時はこのような単純なルールのゲームが流行っていた。

敵をやっつけると時々パワーアップアイテムが出るので、BOSS戦にそなえてパワーアップしよう。

十字キーで縦横斜めと移動し、AボタンBボタンのどちらかで弾を発射、どちらかで宙返りすることが出来る。

弾に当たりそうになった時は宙返りで回避できる。しかし宙返り出来る回数は限られている。

BOSSは7面、15面、23面、31面に出てくる。BOSSの名は「亜也虎」という超巨大な爆撃機である。

BOSS以外の敵キャラの名前には「雷山」や「黒雷」、「昇竜」など渋い名前が付いている。

 

ゲーム中は小ボスや中ボスらしき戦闘機が出現します。数回ショットを当てると墜落します。
赤い戦闘機が編隊を組んでやってきますが、編隊全てを撃墜すると「Pow」がでます。これはパワーアップアイテムです。

ステージ 黄色の地形

ステージが進むと黄色い地形(砂漠?砂浜?)がありますが、敵機とミサイルが非常に見づらいので注意!

各ステージをクリアすると空母に帰還です!

ステージ終了ごとに敵機撃墜パーセンテージが表示され、パーセンテージによってボーナスが変動します。

80%~84%=5000点 85%~89%=8000点等

そして、休む暇もなく次のステージが始まります

ボスキャラ

ボスキャラの亜也虎(あやこ)です。

胴体と主翼から弾をばら撒いてきます。

ファミコンの画面の仕様でボスキャラの亜也虎と自機の距離が近すぎるため弾を避けるのがかなりキツイ…。

エンディング1

エンディングです。
思わず声が出ましたね 笑

エンディング2

戦果報告です。

32ステージの長丁場の後にこれだけだと泣けますね…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。