懐かしのゲーム紹介『バイナリィランド』ファミコン

 バイナリィランド

1985年、ハドソンから発売された一風変わったアクション風パズルゲームです。

女の子のペンギン「マロン」と男の子のペンギン「グリン」が

鏡の迷宮に迷い込んでしまい、脱出しようとしているゲームだったと思います。

画面は1画面だけのシンプルな画面ですが、このゲーム、二人の主人公の動きを同時に読みながら

ゴールでキスさせないといけません。最初、自分が操作するキャラを選び、もう一方のキャラは、以後

主役に選ばれたキャラと正反対の動きをします。だから鏡の迷宮なんですね。

これが、最初の方は珍しくて楽しいんですが、トリやら火の玉が

うじゃうじゃ出てくるあたりの面まで行ったら、右脳をフル回転させないと

画面の情報が把握できなくなってきます…。

発売日 1985年12月20日 金曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量
メーカー ハドソン

ゲームストーリー

ペンギンのグリン(男の子)とマロン(女の子)はとっても仲よし。

ところが、ある日魔法の森のなかにある、鏡の迷路に 閉じこめられてしまったのだ。

この迷路のなかでは なんでも左右逆に動いてしまう。

だからグリンが右に動けば マロンは左に動いてしまうのだ。

しかも迷路のなかには ひっかかると身動きできなくなるクモの巣がいっぱい。

こわ~いクモやファイアボールもウロウロしているぞ。

この迷路から2人が脱け出す方法はたったひとつ。

2人同時に出口にたどりつけばいいんだけれど なかなか思いどおりに動けないから大変だ。

さあ、迷路をぬけだして、無事に2人で外に出ることができるかな?

ドメイン取得はお名前.comがおススメ♪

テクニック(説明書に記載)
鳥に触れて位置が入れ替わるとき、間に出口があればそのままゴールできる。
最上段まで二匹がたどりついて、出口までの距離は同じだがブロックが邪魔、という特殊な条件下でしか使えない。

 

裏技(説明書未記載)
グリンとマロンを重ねて何度か交差させると子供が産まれる。
この子供は無敵で、触れた敵を倒し、パネルも取ってくれる。なんと鳥すらも倒す。
だが発生させるのに時間がかかる上動きがランダムなので、作っている暇があるならさっさとゴールしようw

 

隠しアイテム全16面
1、17、33、49、65、81、97面 2、18、34、50、66、82、98面
3、19、35、51、67、83、99面 4、20、36、52、68、84面
5、21、37、53、69、85面 6、22、38、54、70、86面
7、23、39、55、71、87面 8、24、40、56、72、88面
9、25、41、57、73、89面 10、26、42、58、74、90面
11、27、43、59、75、91面 12、28、44、60、76、92面
13、29、45、61、77、93面 14、30、46、62、78、94面
15、31、47、63、79、95面 16、32、48、64、80、96面
   




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。