懐かしのゲーム紹介『ロットロット』ファミコン

ロットロット

発売日 1985年12月21日 土曜日
価格(販売当時) 5,200円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 512K
メーカー 徳間書店

ファミコン『ロットロット (Lot Lot) 』は 1985年12月21日に徳間書店から発売されたパズルアクションゲームです。

1984年に パソコンゲーム雑誌に読者投稿されたMSX用 ゲームプログラム「ロットロットロット (LOTLOTLOT) 」を

元にAC版とファミコン版が 制作されました。 このゲームのシステムは、ピンポン玉の用の 物を

得点が書いてある穴に落として行き 目標の得点を無事に達成したら 次のステージに進めるというシステムでした。

穴には、アウト 0点 10点 30点 50点 と書いてあり、いかに高得点の場所まで ピンポン玉を

運んでいくのかを楽しむゲームでした アウトの穴に球を置いておくと、カニが下から 上がってきまして

カニにピンポン玉を 触られると1機減ってしまうシステムでしたね。 この時の効果音が本当に嫌な音なので

早めに救助に向かわなければいけないのが メインのゲーム性でしたね。 ピンポン玉を移動させるには

独特な 操作が必要でゲームに慣れない内は、 「こんなにやりにくい操作性ってあるの」 と思うのですが

だんだんゲームに慣れてくると、 「この操作性は癖になるかも」と評価が うなぎのぼりでしたね。

そんな、パズルゲームにアクション要素を かなりプラスした作品なのでした
『とにかく早い者勝ちっ!』ドメイン取るならお名前.com

得点に応じてメンバーズ・ステッカーをもらえるキャンペーンがありました。

(下の表参照。)ゲームオーバーになった時にパスワードが画面に出る仕組みです。

もらえるメンバーズステッカー クリアーする得点 もらえる人数 先着順です
シルバーメンバーズステッカー 50万点 2,000名
ゴールドメンバーズステッカー 200万点 500名
プラチナメンバーズステッカー 500万点 100名
ロイヤル純金(24KGP メンバーズステッカー) 1000万点 10名
50万点達成


その後52万点でGAMEOVER。
パターンが変わってなかったのでもうちょっといけるかなと思ったんですけどね


スコアが50万以上なので、ゲームオーバー画面でパスワードが表示されます。
“YUKICHAN” と書いてますが作者は男性らしいです


そして何事もなくタイトル画面へ

 

『ロットロット』のメンバーズステッカーのゴールドの配布数は上限の

200にまで達してない可能性が高く、プラチナ、ロイヤル純金に

いたっては限りなく少なかった(もしくは0だった)かもしれないということだ。

しかしだからといって市場に出て来る可能性はまったく0ではない。

egzlot01.jpg
 ※当時のファミマガに掲載されていたメンバーズステッカー全8種類

ファミマガは本キャンペーンの記事にて度々、このようなメンバーズステッカーの写真を掲載していた。

この御利益ありそうな姿。思わず手を合わせたなくなる。これを見ると『エグゼドエグゼス』の

ロイヤル純金ステッカーはたしかに存在しているし、『ロットロット』のプラチナ及び

ロイヤル純金の現物だってたしかに存在したことだけはわかるのだ。

ロットロット 純金ステッカー

 

 

 

 

 

 

 

参考相場 90万円(箱・説明書付)

徳間書店のパズルゲーム「ロットロット」。

こちらもハイスコアに応じた限定ステッカーが配布されました。

応募に必要なパスワードが一瞬しか表示されないのも、高騰の原因かもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。