懐かしのゲーム紹介『メトロクロス』ファミコン

メトロクロス

発売日 1986年12月16日 火曜日
価格(販売当時) 3,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 512K
メーカー ナムコ

チェッカー模様の近未来無人都市の地下道を、傷だらけの ランナーが走るという設定のハイセンス・SFレーシング。

巨大なアルミ缶が転がってくるという発想が面白い。 シンプルな操作系ゆえに上達が実感できる。

画面はクォータービュー右方向強制スクロール。 ステージ内に仕掛けられたトラップや

障害物を乗り越えて 制限時間内にゴールまで走破するのが目的。

トラップ等にぶつかるペナルティはタイムロスのみで 時間切れで即ゲームオーバー。

全32ステージ。 各ステージはゴール時の残りタイムが加算されていき 4ステージごとに

直前3ステージの残りタイムが持ちタイムとして使用できる。 主なトラップはスピードの落ちるスリップゾーン

ハードルや落とし穴など。ジャンプとコース取りでかわす。 この他にもジャンボ缶やキューブ

チェスのナイトなどがコース上を動き回る。 ネズミに捕まるとスピードダウンするので

素早く方向キーを 左右に入力すると振り払うことができる。 ジャンプ台はそのまま通過すると

上に大きく跳ね上がり タイムロスだが、うまくAボタンを押すと前方に高速ジャンプすることができる。

コース上に立っている青色の小さなアルミ缶はジャンプで 踏みつけると一定時間タイムの経過がストップする。

これを連続で蹴り飛ばすとボーナスポイント。 コース上の黄色い小さなアルミ缶は、踏みつけると青色缶と

同じ効果だが、取得するとスペシャルドリンクとして ストックできる。ストックはBボタンで

使用でき一定時間スピードアップする。 コース上のスケボーは、乗るとスリップゾーンを スピードダウンなしで通過できるが

ジャンプができなくなる。 任天堂「エキサイトバイク」にプレイ感覚は類似する。 本作のほうがにぎやかで変化に富み

細かなテクニックが 多数盛り込まれるなどプレイヤーを飽きさせない。

ナムコットキャラクターが所々にボーナスキャラと して顔をのぞかせるのも楽しい。




謎のストーリーが印象的です。
半分覚えゲー、半分反射神経ゲームです。
一部、時間が厳しいステージがあるのでそこは覚えないと死にます。
とはいえ、多くのステージは気合で何とかなるので記憶力はさほどいりません。
自分の反射神経では画面上部じゃないとビッグカンが避けられませんでしたが
反射神経の良い人ならもう少し楽に行けるでしょう。

 

  • 攻略のコツ
とりあえず、空き缶は見つけたら踏みます。
踏まないと時間が足りない場合もあるので、多少減速してでも可能な限り踏みましょう。
加速は両刃の剣なので、黄色カンも踏んだ方が得な場合が多い。
ライン踏みは出来たら楽だけど、出来なくても結構いける。
というか缶が踏めないのでタイム的には悪くなる場合が多い。
クラッカージャンプはハイリスクローリターンなので自信がなければ止めましょう。

▲苦難の末のゴール!
32面はタイムが非常に厳しいので5秒はボーナスタイムを持って行きたい

夕焼けが綺麗ですね
▲無限に走り続けなければならないかなしみを……

油断するとすぐにGAME OVER

▲タイトル画面に戻ったよ!FIN!

 

おまけ
▲4の倍数面でボーナスタイムを消費せずにゴールするとキスしてもらえる
▲4回穴に落ちるとZAP。4面区切りの最初に戻されますが、死ぬよりはマシ。
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。