懐かしのゲーム紹介『プロ野球ワールドスタジアム』PCエンジン

プロ野球ワールドスタジアム

f:id:zel_8bit:20210521061027p:plain

発売日 1988年5月20日 金曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ Huカード
データ容量 2M
メーカー ナムコ

PCエンジン版『プロ野球ワールドスタジアム』とは

『プロ野球ワールドスタジアム』(以後ワースタ)はファミコンで大ヒットした『ファミスタ』シリーズのPCエンジン版。

同名タイトルで1988年3月にアーケード用野球ゲームがナムコから稼働されているが、PCエンジン版とはまったくの別物といえる仕様となっている。

f:id:zel_8bit:20210521061039p:plain

ファミコン版は9作品が発売されたが、本作はその中でもシリーズ1作目となった

ファミコン版『プロ野球ファミリースタジアム』(以後ファミスタ’86)及び『ファミスタ’87』に近い。

プラットフォームがPCエンジンに変わり、ハードスペックが強化された事によりグラフィックとサウンドが大きくパワーアップ。

臨場感の高い演出でより一層白熱した試合を楽しめる様になった。

ファミコンのヒットタイトル 『プロ野球ファミリースタジアム』 (以下86年度版もしくは87年度版と表記) のPCエンジン版。

プラットフォームを PCEに移し、グラフィックとサウンドを強化 一人用で勝ち進むと手強い隠しチームとの 対戦が待っている。

同名の業務用ゲームが あるが、本作の内容はファミコン版に近く 業務用にあった球場選択やオーダー変更と いった要素は存在しない。

ゲームシステム

基本的な部分は『ファミスタ』を踏襲している。

ゲームモードはCOM相手に勝ち抜き戦をする1Pモード、プレイヤー同士で戦う2Pモード、そしてCOM同士の試合を観戦するWATCHモードの3種類。

f:id:zel_8bit:20210521061032p:plain

選択できる球団は実際のプロ野球チームモデルにした9チームとナムコのキャラクターで構成されたナムコスターズの10チーム。

セ・リーグは巨人・阪神・中日・広島・ヤクルト・大洋と6球団揃っているが、パ・リーグは

西武以外はフーズフーズ(ロッテ・日ハム)とレールウェイズ(阪急・南海・ロッテ)の連合チームになっている。

f:id:zel_8bit:20210521171021p:plain

1988年3月に東京ドームが開場されたのを受けて、『ファミスタ』シリーズの舞台であったピッカリスタジアムもドーム化されピッカリドームに変更されている。

この変更に伴い天井を突き破ってホームランになったり、天井に当たって落下したボールを捕球するとアウトになったりする仕様も追加された。

 

エラーの実装

f:id:zel_8bit:20210521061049p:plain

本作では“エラー”の仕様がシリーズで初採用されている。

エラーは野手が稀にライナーを弾いたり、フライを落球するというモノで、エラーをした野手は一瞬その場で硬直するため走者は塁を難なく進められる。

選手ごとに守備値の設定はなく、チーム毎に設定されている“エラー確率”によりランダムに発生するようになっている。

f:id:zel_8bit:20210521061046p:plain

ちなみにナムコスターズのエラー確率が全チーム中No.1。

大事な局面で発生すると勝負を決してしまうこともあるエラーが運要素で発生する事に対してユーザーからは賛否両論であった。

しかしながらこの仕様は『ファミスタ’88』以降でファミコン版『ファミスタシリーズ』にも実装されてゆく事になる。




f:id:zel_8bit:20210521203350j:plain

PCエンジンのスペックを駆使して、バットの木目や人工芝の模様などの細部まで表現されたグラフィックを再現し

音声合成により「アウト」「セーフ」「ホームラン」などの台詞が飛び交うようになった『ワースタ』。

ファミコン版を遊んできたファミっ子たちはPCエンジン版のクオリティーの高さに大いに沸いた。

f:id:zel_8bit:20210521061056p:plain

エラーという要素も賛否両論はあるものの、絶対的に力量の違う友達同士で対戦する時に

勝敗の行方が100%ではなくなるという意味では良いアクセントになっていたと個人的には思う。

しかしはやり特筆すべきはスペシャルチームの存在だ。

どう考えても勝てないイカれた強さの球団ではあったが、こういう突き抜けた遊び心がとても良かったです。

※バグを駆使すれば稀に勝てることもあったらしい

f:id:zel_8bit:20210521061053p:plain

個人的にはとても好きな作品のひとつであったが、続編は1991年に発売された

『プロ野球ワールドスタジアム91』だけであり、ファミコン版の様に毎年のようにリリースされることはなかった。

今回はパワーアップしたPCE版ファミスタシリーズ『プロ野球ワールドスタジアム』の紹介でした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。