懐かしのゲーム紹介『 熱血高校ドッジボール部』ファミコン

 熱血高校ドッジボール部

発売日 1988年7月26日 火曜日
価格(販売当時) 5,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー テクノスジャパン

『熱血高校ドッジボール部』は1988年7月26日に テクノスジャパンより

ファミリーコンピュータ用ソフトと して発売されたドッジボールゲーム。

オリジナルは同社により1987年に稼働されたアーケードゲーム。

『くにおくん』シリーズの第2弾にあたり『くにおくん』 シリーズ内における「スポーツシリーズ」の第1段となる。

『熱血高校くにおくん』シリーズの「スポーツシリーズ第1弾」

タイトルの通りドッジボールのルールを基本としたゲームではあるが様々なアレンジを施されているため

普通のドッジボールを ゲーム化したものとは異なる。

AC版よりさらに進化したFC版

f:id:zel_8bit:20190901002624p:plain

AC版の内容をさらに煮詰め、各国選手に名前と特色をつけた。

また、対戦モード以外にAC版には無かった4人までの フリー対戦の勝ち抜きモードも追加収録されている。

f:id:zel_8bit:20190901002635p:plain

ゲームとしての完成度も高く、ファミコンソフトにおける

スポーツゲームの定番タイトルとして高い人気を誇った。 50万本を販売し、「くにおくん」とテクノスジャパンの認知度を高めた。

ルール

本作はドッジボールを基本としたゲームではあるが、 様々なアレンジが施されており完全にオリジナルルールとなっている。

実際のドッジボールには細かい禁止事項などがあるが 本作では反則と呼べる行為は殆どなく

気力とパワーを 駆使して敵の内野を全員ノックアウトさせる事を目指す 格闘技に近いスポーツとなっている(笑)。

ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20190901002729j:plain

ボールを投げ、相手にヒットさせると体力を 減らすことができ、体力が0になった選手は退場する。

また、各キャラクターに個性的なステータス特性必殺シュートが設定されているのが大きな特徴だ。

ゲームモード

本作は下記3種類のモードが収録されている。

f:id:zel_8bit:20190901002759j:plain

くにおくん率いる熱血高校ドッジボール部のメンバーを 駆使してドッジボール世界一を目指す「遠征試合モード」(1人用)。

f:id:zel_8bit:20190901002647j:plain

全9チームの中からそれぞれ1チームを選んで 対戦することができる「対抗試合モード」(2人用)。

f:id:zel_8bit:20190901002825j:plain

コートのない熱血高校のグラウンドでボールを ぶつけ合い最後まで生き残った者が勝ちというサバイバル勝負が

できる「クラブ活動モード」(1~4人用)。 「クラブ活動モード」ではマルチタップを

使用して最大4人で対戦することが可能。 3人以上での同時プレイは当時のファミコンソフトで はかなり斬新な仕様であった。

個性豊かな各チーム

f:id:zel_8bit:20190901002912p:plain

主人公の「くにおくん」が率いる熱血高校の他に 前作『熱血硬派くにおくん』でも敵役として出演した

「りき」をキャプテンとする花園高校。 その他にもイギリス・インド・アイスランド 中国・ソ連・アフリカ・アメリカの全9チームが登場する。




クオリティの高いBGMとSE

f:id:zel_8bit:20190901003018p:plain

本作の楽しさを一層盛り上げているのが高いクオリティであるBGMだ。

ソ連戦で流れるロシア民謡「カチューシャ」を筆頭に 各チームをイメージした名曲が揃っている。

SEも同様に質が高く、特に必殺シュートとヒットの音の インパクトと爽快感は格別であり

以後のシリーズでも使用され続け シリーズを象徴する効果音となっている。

このゲームはかなり熱いゲーム展開になる事が 多くいつも大盛り上がりだった。

勝ちたいためにテクニックを 磨きあったのが懐かしい。 ハードスペックの限界のためか

キャラのチラツキなどが 目立ったが、それを補っても尚余るほどの爽快感と 中毒性に夢中になって遊んだのは良い思い出です。

f:id:zel_8bit:20190901003155p:plain

『ドッジボール部』の大ヒットにより その後「サッカー」「バスケット」「ホッケー」など

様々な スポーツシリーズが発売される。 基本どれも本作のコンセプトを踏襲し 実際のスポーツを

モチーフにしながらも 複雑なルールを極力排し、多彩な必殺シュートで 見た目にも派手なハチャメチャなスポーツを演出した事で人気を博した。

■裏ワザ

【落ちるくにおくん】

ゲームモード選択画面でくにおがうさぎとびしているが ここでくにおが中央まできたら

コントローラ2のマイクの ボリュームを上げて大きな声で叫ぶと、くにおがこちらにふり向く。

くにおが画面の外に出てからコントローラ2のマイクの ボリュームを上げてから大きな声で叫ぶとくにおが画面の上のほうから落ちてくる。

【増殖技】

対抗試合を選びポジション変更画面になったらいったん 2プレイヤーチームの選手全員のポジションを決める。

次にそれを取り消して1プレイヤーチームの選手全員の ポジションを決めてAボタンを押す。

さらにこれを取り消し 1プレイヤーチームのポジションを決める。 次にAボタンを押してゲームを始める。

そうすると 2プレイヤーチームのメンバーが内野と外野をあわせて5人にもなっている。

【謎のチーム出現】

遠征試合モードで最後のアメリカチームに1人も倒されずに勝つと 画面が輝き謎のチームが出現する。




懐かしのゲーム探しませんか?

A8.netなら!
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録してみませんか??
↓↓登録はコチラから↓↓
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。