懐かしのゲーム紹介『ゾンビハンター』ファミコン

ゾンビハンター

発売日 1987年7月3日 金曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1.25M
メーカー ハイスコアメディアワーク

今回は、アクションRPGの仮面を かぶったスルメゲーム 「ゾンビハンター」を紹介します。

もともとは「ハイスコア」というゲーム 雑誌の企画により生まれたゲームですが これが思いのほか良くできています。

ちょっと触っただけだと、クソゲー判定 してしまいそうですが心に余裕を持って プレイしてみましょう。

きっと、ゾンビハンターの面白さが 理解できると思います。

当時販売されていたゲーム雑誌『ハイスコア』の中の企画として制作されたタイトル。

『ハイスコア』の当時の編集長がエスキモー(森永乳業)のアイスキャンディーのプレミアムの話を持ってきてたことから企画された。

f:id:zel_8bit:20181018214120j:plain

当初はキャラクターの形をしたグミキャンディーが入ったゾンビハンターとい

バニラアイスクリーム(棒アイス)の懸賞品専用ソフトとしてリリースされた。

しかし口コミで「おもしろい!」と評判になり、のちに正規ファミコンソフトとして市販化された。

さらにその後MSX2にまで移植されたという異色のゲームソフトである。

その為、ゲーム内の回復アイテムの「たべもの」には、元の商品にあやかった棒アイスが用意されている。

ゲーム内容には全く関係ありませんが このゲームはなぜかタイトル画面と ゲームオーバー時に声が出ます。

まず、ゾンビハンターの基本的な システムを紹介します。

ゲームモードはAとBの2種類 ゾンビハンターにはゲームモードが 2種類ありますゲームAは

マップ上の敵やアイテムの位置が完全に 固定されているので、毎回同じ進め方が できます。

慣れてしまえば、クリアするのは 簡単なゲームモードです。 ゲームBは出現するアイテムが 完全ランダムになっています。

敵の攻撃力も大幅にアップしており 最初の敵に苦戦すること必至です。 ちなみに僕はゲームBはクリアできる 気がしません。

ゾンビハンターの独特なエンカウントシステム

ゾンビハンターでは敵と遭遇する 場所は完全に固定されています。

1ステージに約30カ所ある地点に到達すると 必ず同じ敵が出現します。

敵が出現する地点を交互に行き来する ことによって、いわゆるレベル上げができます。

簡単に倒せて経験値が多い敵が出現する 地点を覚えて徹底的にレベルを上げてしまうのがゾンビハンターをクリアするコツです。

 

戦闘のコツ

ゾンビハンターの敵キャラは弾を 撃ってきます(例外あり)。 また、敵本体に触れてもダメージには なりません。

敵の上には乗ることができます。 これらの点を踏まえると、難しそうに 見える戦闘も一気に簡単になります。

敵キャラ1体が撃つ弾は、画面内に1 発しか存在できませんので まず撃たせてからジャンプなどで 避けて敵の上に乗ります。

自キャラの初期装備「つるぎ」の 攻撃判定は足元にも広く展開しているので 上に乗りながら攻撃をするといいです。

敵の弾が画面から消えそうになったら離れて また弾を撃たせて避けてから攻撃の繰り返し で安全に倒すことができます。

弾を撃たずに近接攻撃をしてくる 敵キャラもいますが上に乗ってしまえば 攻撃を食らうことはありません。

空を飛ぶ敵に関しては、ヘタに ヒットアンドアウェイで戦うよりも 飛び乗って

攻撃してしまったほうが被弾数が少なく済むかもしれません。 ここは慣れてしまうしかありません。

ゾンビハンター (J) 201605032255282

とりあえず敵の上に乗って攻撃する クセをつけてしまうのがコツ 敵を全滅させると宝箱を落とします。

これは触れるだけで開けられます。 ワナが仕掛けられていたりといった ことは一切ないので

宝箱はすべて 開けてしまって問題ありません。 宝箱は出現してから数秒で消えてしまうので 早く開けるようにしましょう。

ゾンビハンター (J) 201605032254270

宝箱には武器や防具、回復アイテムが 入っていることも

自分のペースで進められる

ゾンビハンターは敵が出現する 場所が決まっている上 その地点を往復すれば何度でも同じ敵と戦えます。

ゲームAに関しては、落とすアイテムも 決まっているので(出るかどうかは確率)

強いアイテムを落とす敵が わかっていれば、落とすまで何度も 戦闘を繰り返します。

また、アクションゲームにありがちな 時間制限も存在しないので 極端な話、最初のステージでレベルを 最高まで上げてしまうこともできます。

このゆるいゲーム性が、ゾンビハンターを 独特な味わいのあるゲームにしていることは 間違いありません。

慣れてきたら クリアまでのタイムアタックをするのも 楽しいかもしれません。




隠れたお店を探してアイテム売買

各ステージにはお店が隠されています。 明らかに怪しい場所に立って 十字キーの↑とBボタンで入ることができます。

また、各ステージの左端には必ずお店があります。 高い場所からジャンプして画面上端に行くと 必ずお店があります。

そういう意味では あまりお店を探して困ることはないでしょう。

ゾンビハンター (J) 201605032259479

お店では不要アイテムを売ってしまおう

ゾンビハンター (J) 201605032300540

序盤の壁。この3匹を倒すにはレベル3になっていないとキツい。 左の怪しい場所はお店。

鍵はクリアするための必須アイテム

基本的にゆるいゲームですが 先に進むためには鍵だけは取らなくては いけません。

各ステージの最後には大きな扉が あり、その先にはボスがいるのですが 鍵がないと扉が開きません。

鍵を落とす敵も決まっているので もし持っていなかったら 戻って鍵を落とす敵を探す必要があります。

ただ、鍵を落とす確率はかなり高いので 普通に進めていれば そこまでハマることもないでしょう。

ボスは弱い

各ステージの最後にはボスが 待ち構えていますが 2種類のグラフィックの使い回しな 上に弱いです(笑)

上に乗って攻撃してるだけで秒殺です。

ゾンビハンター (J) 201605032305582

強そうだけど弱い

ゾンビハンター (J) 201605032341493

強そうだけど弱い

ゾンビハンター (J) 201605032306073

また、ボスが落とす宝箱の中身はなぜか毎回からっぽです。

なにか条件でレアアイテムが 手に入ることがあるのでしょうか。

ルート選択

最初と最後のステージ以外では 右ルートと左ルートがあります。 これはステージクリア時にどちらに 進むかを選択します。

ゾンビハンター (J) 201605032346021

右と左でステージ構成や出現アイテムが変わる 自分なりのルートを確立しよう

経験値稼ぎ

弾を撃ってこない敵キャラは 経験値稼ぎにうってつけです。 ゾンビハンターでは、穴に落ちても

ダメージを受けたりゲームオーバーに なることはなく、出現する敵を全滅させれば

再度地上に戻れる仕様なので そういった敵キャラがいる穴を 見つけたら積極的に何度も落ちましょう。

ゾンビハンター (J) 201605032346394

レベル上げのお供ガンドラ4匹 気の済むまでレベルを上げよう

 

レベル8の武器を見つけよう

ゾンビハンターの面倒くさいところは 武器を使うと消耗する点です。

ついつい温存してしまい、最後まで 使わずにクリアしてしまうことも しばしばあります

、レベル8の武器だけは話が別です。 なぜか消耗しません。使い放題です。 バグなんでしょうか?

ゾンビハンター (J) 201605040026202

「さくれつだん レベル8」は最高のチート武器 Bボタンを押しているだけで画面上の敵がバタバタ死んでいく




強烈なバグ

ゾンビハンターには強烈なバグが存在します。

それは「レベルが上がると装備している 防具が無効になる」 という、恐ろしい内容です。

新たに見つけた防具を装備すれば直りますが そんな簡単に防具が見つかるわけでもなく

もう防具に関しては考えないという方法も アリだと思います。とにかくレベルを 上げてしまえば

地力のステータスも 上がるので、必然的に防御力も上がります。

防具は見つけたら装備するくらいのものだと 割り切りましょう。笑

最後のボス

最後のボスだけは、貫禄があります。

また、背が高いので上に乗ることもできません。 が、テキトーに攻撃しているだけで簡単に倒せます。

ゾンビハンター (J) 201605040034278
なんか「○界村」のボスに似ている……

クリア

ボスを倒すと、ライフシーカーなる アイテムが手に入ります。

これを手に入れるのが、ゾンビハンターの 目的だったんですね。

ゾンビハンター (J) 201605040034427

無事にライフシーカーをゲット

ゾンビハンター (J) 201605040034478

画面に演出が入り……

ゾンビハンター (J) 201605040034504

地上に飛んでいき……

ゾンビハンター (J) 201605040034577

地上に光が戻ったそうな。めでたしめでたし。

ゾンビハンター (J) 201605040035302

最後も「おめでとう!」と声が出て祝福される。 意味不明の演出である。




■裏ワザ

【裏面】
タイトル画面で「PUSH START BUTTON」
と出たらセレクトボタンを押すと「GAME B」
と出て、スタートボタンを押すと裏面が始まる。  

【おまけ機能】
電源を入れるときに、スタート、A、B、右を同時に押すと画面になにも映らず、上、下と
押すとピッピッという音がする。
その状態でスタートを押すとタイマー機能。
スタート、A、B、上を押すとカウント機能。
下を押すとゲームクロック。左を押すと
ストップウォッチになる。  

【タイトル画面の色を変える】
マイク音量を最大にして、コントローラ2
のA、Bボタンを押すと画面の色を変えられる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。