懐かしのゲーム紹介『カトちゃんケンちゃん』PCエンジン

カトちゃんケンちゃん

発売日 1987年11月30日 月曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ Huカード
データ容量 2M
メーカー ハドソン

■一言MEMO

TBS系で放送されていたTV番組 「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」

とのタイアップで制作されたPCエンジン初期 のアクションゲーム。

当時当番組で人気が あったドラマ仕立て風コント「THE DETECTIVE STORY(探偵物語)」をモチーフにしている。

番組の長編コントパートで2人が 遊ぶシーンがあったり、特番で高橋名人を ゲストに招いて視聴者代表間で スコアアタックが行われたりした。

探偵のカトちゃん(加藤茶)と ケンちゃん(志村けん)がさらわれた資産家を助け出す為に調査に乗り出すというストーリー。

ゲームとしては 同社の定番作『高橋名人の冒険島』に やや近い内容、全6フィールド×4エリア構成。




ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20190629110936p:plain

プレイヤーは最初にカトちゃんとケンちゃんのどちらかを選びゲームスタートする。

カトちゃんは足が滑りにくい代わりに移動とジャンプのスピードが遅く、その分ジャンプの飛距離が長い。ケンちゃんはその逆となっている。

f:id:zel_8bit:20190629110914p:plain

カトちゃんの方が圧倒的に使いやすい性能であり、ケンちゃんは上級者用のキャラと言って良い。

選ばれなかったキャラはイジけてしまい、ゲーム中でプレイヤーの邪魔をしてくる。

f:id:zel_8bit:20190629110938p:plain

攻撃方法は「キック」「踏みつけ」「オナラ」の3種類(笑)

残機+ライフ制となっており、ライフが0になったり穴に落下すると1機減り、全機なくなるとゲームオーバーである。

f:id:zel_8bit:20190629110951p:plain

ステージのラストにはボスが待ち受けており、これを撃破すると次ステージへと進める。

ステージを飛ばせる隠しワープやコンテニュー機能も導入されている。

f:id:zel_8bit:20190629110942p:plain

当時大人気だった「加藤茶」と「志村けん」のゲーム化であり、グラフィックに

定評のあるPCEのアクションゲームという事もあり話題になったタイトルでした。

f:id:zel_8bit:20190629110947p:plain

筆者は本作は持っていなかったのですが、友達に借りてプレイしました。

難易度が異常に高く、ほとんど先の面に進むことができないくらいの激ムズゲームであり、早々に匙を投げたことを思い出します。

f:id:zel_8bit:20190629110930p:plain

ただ、その後各ゲームレビューを読むと、確かに難易度は高いが理不尽という事はなく

純粋に上級者向けアクションゲームと言えるバランスと評されていました。

幼かった筆者にはとてもその様には感じませんでしたが(笑)

f:id:zel_8bit:20190629110954p:plain

それでもいつもテレビでみている加トちゃんケンちゃんがゲームになって大暴れ

それも数々の持ちネタが次から次へと繰り出されてゆく演出に爆笑しながらプレイしていました。

BGMも秀逸で、耳に残る名曲ぞろいだったと記憶しています。

f:id:zel_8bit:20190629111003p:plain

流石に「加トちゃんケンちゃん」を使用したゲームなので

リメイクも再販もちょっと難しそうですが、いつかまた本作を遊んでみたいと思います。

今回はPCE4本目の初期のギャグアクション『カトちゃんケンちゃん』の紹介でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。