『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて ゲーム紹介

『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』は2017年7月29日に

PS4・3DS用ソフトとしてスクウェアエニックスから発売されたロールプレイングゲーム。

PS4版は3Dモード・3DS版は2Dモードとなっている。

また、2019年9月27日にはSwitchにて3Dモード・2Dモード両方を搭載し

追加エピソード、キャラクターボイス、オーケストラ音源のBGMなど様々な新要素を携えた完全版が発売された。

ドラゴンクエストⅪとは

f:id:zel_8bit:20200109213855j:plain

『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』(以後ドラクエ11)はJ-RPGの金字塔『ドラゴンクエストシリーズ』のナンバリングタイトルの11作目である。

MORPGであった『ドラクエ9』、MMORPGであった『ドラクエ10』を経てのシリーズであったが、本作は『1~8』までの様にオフラインゲームに戻っている。

個人的にはやはり『ドラクエ』と言えばオフラインでじっくりやり込むタイトルというイメージが強いのでこれは嬉しい原点回帰であった。

 

ストーリー

f:id:zel_8bit:20200104134555j:plain

 

そして勇者は「悪魔の子」と呼ばれた──。

 

世界の中心に浮かぶ「命の大樹」の恵みにより繁栄する世界ロトゼタシア。
その片隅にあるイシの村で育った少年は、村に伝わる成人の儀式の最中、伝説の勇者の力に目覚める。
祖父の遺言により勇者の生まれ変わりとして旅に出ることになった少年は、デルカダール城へ赴き王と謁見する。
しかし、デルカダール王は勇者を「悪魔の子」と呼び、地下牢へ投獄してしまう。
牢で出会った盗賊の青年カミュと共にデルカダールを脱出した少年は、勇者の真実を知るため広い世界へ旅立つのだった。

 

勇者とその仲間たち

f:id:zel_8bit:20200109214152j:plain
世界を滅亡から救うため、勇者の元に集う個性豊かな愛すべき仲間たちが、鳥山明のキャラクターデザインにより描かれている。

キャラクターはトゥーンレンダリング処理を施され、アニメ風の作画で広い世界の中を走り回る。

Switch版では全ての仲間キャラには声優が起用され更に魅力的になっている。

 

主人公:CV斎賀みつき

f:id:zel_8bit:20200109211050p:plain
本作の主人公であり名前はプレイヤーが自由に付けられる。

故ユグノア王国の王子として誕生したが、主要4ヵ国による世界会議が行われた日に

魔物の軍勢から襲撃を受け、国共々両親を失うも奇跡的に生き延び、辺境の地イシの村で16歳まで育てられる。

 

カミュ:CV内山昂輝

f:id:zel_8bit:20200109211504p:plain

ツンツンと逆立った青髪が特徴の盗賊の青年。

義理人情に厚い性格で、宝を求めて世界各地を旅していたことから世情に詳しい。

 

ベロニカ:CV内田真礼

f:id:zel_8bit:20200109211316p:plain
聖地ラムダ出身の小柄で勝ち気なお転婆娘で、セーニャの双子の姉。

「天才魔法使い」の自称にたがわぬ強大な魔力を駆使した攻撃呪文の使い手。

 

セーニャ:CV雨宮天

f:id:zel_8bit:20200109211330p:plain
ベロニカの双子の妹。

姉とは反対に清楚でおっとりした性格で、やや天然なところがある。

 

シルビア:CV小野坂昌也

f:id:zel_8bit:20200109211342p:plain
旅芸人のオネエ系男性。

明るく前向きなムードメーカーで、世界中の人々を自分の芸で笑顔にするという夢を持つ。

 

マルティナ:CV小清水亜美

f:id:zel_8bit:20200109211356p:plain
長いポニーテールとヘソ出しルックが特徴的な女性武闘家。

実は亡くなったとされていたデルカダール王女。

 

ロウ:CV麦人

f:id:zel_8bit:20200109211423p:plain
マルティナに同行する老人。

その正体は故ユグノア王国の先代国王で、主人公の実の祖父。

 

グレイグ:CV小山力也

f:id:zel_8bit:20200109211432p:plain

デルカダール王国の将軍で、黒色の鎧を身に着けている。

無敗を誇る同国随一の武人で、王への忠誠心も誰より強い。

 

シリーズ30周年記念タイトル

f:id:zel_8bit:20200104134601j:plain

1986年にシリーズ初めてのタイトル『ドラゴンクエスト』がファミコン用ソフトとして発売されてから30年以上が経った。

シナリオを手掛けた堀井雄二によると「過ぎ去りし時を求めて」というサブタイトルはシリーズ30周年の思いを込め、時間を絡めた物語なのでこうなったとのこと。

f:id:zel_8bit:20200109213547p:plain

気づいているファンも多いと思うが、タイトルロゴのバックには初代『ドラクエ1』のタイトルを反転した絵が描かれている。



シリーズ初のマルチプラットフォーム

f:id:zel_8bit:20200109212930j:plain

これまでの『ドラクエシリーズ』のナンバリングタイトルは「任天堂」か「SONY」

どちらかのシングルプラットフォームであったが、本作は初めて「任天堂」「SONY」のマルチプラットフォームでの発売となった。

実は開発当初はPS4でのシングルプラットフォームの予定であった、開発費が嵩んでいった事に

より採算面で不安視され後から3DS版が追加された経緯がある。

PS4版

f:id:zel_8bit:20200104134627j:plain

PS4版はリアル頭身でのキャラクターであり、背景も高い場所や遠くの場所までが緻密に描かれた3Dグラフィックスでのゲーム画面となっている。

3DS版

f:id:zel_8bit:20200109212421j:plain

3DS版にはキャラクターの頭身は下げられ、マップ描写が簡略化されたディフォルメ表現となった『ドラクエ7』に近いゲーム画面となっている。

f:id:zel_8bit:20200109212439j:plain

こちらにはキャラクターから背景に至るまで全てが、ドット絵で描かれる『ドラクエ3』のような「2D版」モードも用意されている。

Switch版

f:id:zel_8bit:20200104134638j:plain

PS4版・3DS版の2年後に発売されたSwitch版には上記のPS4版の3Dモードと3

DS版の2Dモードの2種類が実装され、さらにキャラボイス、オーケストラBGM、追加ストーリーを

筆頭にその他多数のシステムが改良・追加となっている。

ワールドマップ

「ドラゴンクエスト11」の冒険の舞台はロトゼタシアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です