懐かしのゲーム紹介『ベースボール』ファミコン

ベースボール

発売日 1983年12月7日 水曜日
価格(販売当時) 4,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 192K
メーカー 任天堂




ベースボールとは?

ファミコンで任天堂が1983年に 出した野球ゲームです。
ファミコン本体が発売された年と 同じ年に発売されました。
正式のタイトルはローマ字でBASEBALLでした。
野球の基本的ルールがわかるゲームである。
球団は、日本のセ・リーグのみで パ・リーグが無い。
と言っても、球団名が ある訳では無くローマ字の頭のみ。
また、選手に名前がまったく無い。 操作できるキャラは限られている。
コンピューターが自動で動かす割合が多い。
どうやったらホームランが出るか まったくわからなかったですね笑

スライディングとかもできません 外野の動きが遅い。
ボタンを連打しても 足が速くなったりはしない。
など、色々と問題点はありますが 今ある野球ゲームの先駆けとなった
貢献度は高いと思います。 スコアボードが、昔なので
上からS(ストライク) B(ボール) O(アウト)の順になっています。

1983年にやったことがある人で 懐かしさを感じたい方にはオススメです。
しかし、新しい野球ゲームしか知らない世代は
たぶんクソゲーにしか思わないので やるのはオススメしませんね…笑。
リセットボタン確実です。

BGMが以外と大きくて びっくりした思い出があります笑 投げる・打つの

本当にシンプルな ゲームですが自分には思い出深い 1本ですね♪

システム

f:id:zel_8bit:20210504075842p:plain

ゲームモードは「1 PLAYER GAME」と「2 PLAYER GAME」

が用意されており、1PではCOMとの対戦、2Pは2人対戦にて試合の勝敗を争う。

ペナントレースなどの仕様は無い。

チームは「C・D・G・S・T・W」のセ・リーグ6球団から選択する。

ちなみにWは横浜大洋ホエールズである。(現・横浜DeNAベイスターズ)

パ・リーグはない。

f:id:zel_8bit:20210504075855p:plain

投球には緩急をつけたり変化球を使用することができる。

野手は完全オートであるが、やたら打球をそらしたりエラーが頻繁に起こったりするのでかなりイライラする(笑)。

打者はスイングとバンドを使い分けることができ、走塁は任意となっている。

f:id:zel_8bit:20210504075934p:plain

ダイヤモンドの周りを表示する内野画面と球場全体を

表示する外野画面があり、長打が出ると外野画面に切り替わる。

BGMはタイトル画面、攻守交代、ホームランの際に短い音楽が流れる程度。

あとは無音の中にSE音が響くだけなので少し寂しい。




バントヒットを狙う

「ベースボール(任天堂)」では実際の野球よりもバントの内野安打になる確率が

高いように思われます。内野手(自動守備)が適切なバント処理を

怠っている事が原因となっているのかも知れません。また、コンピュータの守備回で

ランナー一塁時にバントをすると、コンピュータは間に合わない

二塁に送球する事も多く、バッターランナーがフィルダースチョイスで

出塁する確立も高くなっているようです。

バントでヒットが狙える確率が最も高いのは左打者です。

左打者がバットを水平よりも一段前の斜めの状態で構えてボールを三塁線に

転がした場合はほとんどがヒットになります。

右打者は左打者よりもヒットになる確率が落ちます()。
右打者は三塁線にボールを転がすのが難しく、転がすののであれば一塁線になりますが
バッターランナーが走る方面である事と一塁に近い事から三塁線よりも
アウトになりやすいと言えます。他のランナーが一塁にいる場合は
ピッチャーの正面に転がしてもフィルダースチョイスで
オールセーフになる事もありますが、右打者は基本的には打って行った方が良いかも知れません。
(右打者は左打者よりも一塁までの距離があるのですが、右打者はバットを
ボールに当てた瞬間に左バッターボックス側に瞬間移動して
走り出しますので、距離の問題による不利は無いと言って良いと思います。)




魔球 超スローボール

ピッチャーの投げるボールを超スローボールにする裏技です。

Iプレイヤーのみが守備回のみで使用可能です。

裏技の方法

1. エキスパンドコネクタにコントローラーを繫げます。

2. Iコントローラーの上と接続コントローラーの下を押しながら

(または、Iコントローラーの下と接続コントローラーの上を押しながら)どちらかのコントローラーのAボタンを押します。

3. ピッチャーから超スローボールが投じられます。

4. ピッチャーの手から離れたボールは十字ボタンの左右で曲げる事が出来ます。

超スローボールは大きく曲げようと思えばかなり曲がりが大きく曲げる事が出来ます。

また、バッターに届くまでの時間が長いため、その間に何度も曲げる事も可能です。

超スローボールの球速は30km/h以下、遅い場合は00km/hになる場合もあります。

また、図2のように1F5km/hなどと表示される事もあります。

私がプレイしている中では他に1F4km/hと表示された事もありました。

 超スローボール 球速00km/h。

超スローボール 球速1F5km/h。

超スローボールは何度も曲げる事が出来ます。小さく何度も左右に曲げたり

大きく左に曲げた後、右に曲げてまた左に曲げたり…など。

一方向に大きく曲げると内外野画面への切り替えが必要なくらい曲がって行きます。

大きく左(ピッチャーから見て)に曲げて…。

図4) そこから右に大きく曲げると言った事も可能。

図5) 大きく曲げ過ぎると内外野画面に切り替わる。

コンピュータにGチームを選ばせる

コンピュータの選択チームはランダムで選ばれますが、それを必ずGチームにする裏技です。

裏技の方法

1. スタートボタンを押しながら電源を入れます。

電源が入っている状態の場合、スタートボタンを押しながらリセットを押しても出来ます。

2. 電源を入れると同時にチーム選択画面が現れます。

選択画面ではコンピュータがGチームを選択した状態になっています。

成功すれば図1のようにIプレイヤーの選択カーソルがSチーム

コンピュータの選択カーソルがGチームにある状態でチーム選択画面が現れます。

Iプレイヤーも必ずSチームを選択した状態になっていますが

Iプレイヤーは選択カーソルを動かす事が出来、Gチーム以外であれば自由に選択する事が出来ます。

図1) コンピュータはGチームを選択した状態になる。




 

ファミコン ベースボール (ソフトのみ) FC【中古】

価格:780円
(2022/2/6 14:02時点)
感想(0件)

 

【中古】FC ベースボール 初期版 ソフトのみ ファミコン ソフト

価格:780円
(2022/2/6 14:03時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。