懐かしのゲーム紹介『クレオパトラの魔宝』ファミコン

『クレオパトラの魔宝』

 

『クレオパトラの魔宝』はスクウェアがディスクシステム専用ソフトとして開発し

同社がDOGブランド(後述)で1987年7月24日に発売したアドベンチャーゲーム。

コマンド選択式ADVにRPG要素を組み合わせた当時としては画期的なコンセプトのもとに開発された。

FDSのスペックを活かした綺麗なグラフィックや、アニメーションする戦闘シーンなどをウリにして販売された。

DOGブランド

f:id:zel_8bit:20190330070025p:plain

「ディスク・オリジナル・グループ」、通称「DOG」とは1986年に「スクウェア」を主軸に

ゲームメーカー7社で結成されたFDS専用ソフトの開発を手掛ける連合体のブランド名である。

f:id:zel_8bit:20190330065410j:plain

残念ながらミリオンヒットは1本もなかったが、『水晶の龍』『クレオパトラの魔宝』『アップルタウン物語』『とびだせ大作戦』

『ディープダンジョンシリーズ』などなど“良くも悪くも”ファミっ子の心に深く刻み込まれるタイトルを世に送り出した。

f:id:zel_8bit:20190330070036p:plain

1988年以降ROMカードリッジの多機能化に伴いFDSの開発が下火になり自然消滅した。

尚、現在は加盟7社の内「スクウェア」以外は廃業、または既存していてもゲーム開発からは撤退している

クレオパトラの魔宝

基本的にはよくあるコマンド選択式のADVである。

画面内の“怪しい箇所”を探しフリーカーソルを任意の場所に移動させ調べる。

f:id:zel_8bit:20190330072151p:plain

エジプトを舞台とした世界観や適度な謎解きの難易度などADVとしては良作と言ってよいレベルの作品であったが、それを補い、さらにぶち壊すレベルの戦闘システムがこのゲームを”クソゲー寄り”の評価に貶めてしまった。

f:id:zel_8bit:20190330072737p:plain

素直に純ADVにしておけばもしかして“名作”として名を残せたかもしれないだけに勿体ないタイトルである。売上本数は45万本の実績となっている。




ストーリー

f:id:zel_8bit:20190330071634p:plain

主人公の草野大介は夏休みを利用して考古学者のお父さんと一緒にエジプトの街アレクサンドリアに来ていた。

2人が当時の遺跡などが残るこの街へやってきた理由は、お父さんが古代の隠し財宝のありかを示す古文書を見つけたからだった。

f:id:zel_8bit:20190330071702p:plain

古文書に示された遺跡を見つけ、お父さんが財宝の目印と思われるパネルに手をかけたその時…。

床下から恐ろしい悪霊が湧きだしお父さんに憑りつき、そのまま煙のように消えてしまった!

f:id:zel_8bit:20190330071936p:plain

残された主人公がその場を調べるとメッセージの刻み込まれた石板があった。

「ここに悪の神カラドを封じ込めた。封印を解いた者は憑りつかれ死を待つのみ。

助かる方法はただひとつ。“イシスの涙”を見つけ、イシス女神の化身クレオパトラを甦らせ、その力を借りよ。」

f:id:zel_8bit:20190330072703j:plain

主人公は父を救う為、イシスの涙の情報を求めアレクサンドリアの街に向かった…。

 

ゲームシステム

純粋なADVに敵と戦闘を重ね経験値を溜めてレベルアップして強くなっていくRPG要素を追加したタイトル。

先述した通り、ADVとしての雰囲気とストーリーはなかなかの良作にも拘らず、追加したRPG要素が稚拙で台無しにしている。

f:id:zel_8bit:20190330072310p:plain

街の中でもコマンドを選択するたびに敵と遭遇する確率がある。しかもエンカウント率はかなり高めで1歩進むたびに戦闘になるのはザラ。

f:id:zel_8bit:20190330072343g:plain

更に与えたダメージ数が分からない。攻撃を仕掛けると「かなりダメージを与えた!」などのテキストが表示されるだけである。

そして全般的に敵が強いのでレベル上げは必須であり、このレベル上げがなかなか捗らないので

ADVのストーリーを10分進めるために1時間以上戦闘を繰り返さなければならないなどの苦行を強制的にやらされるため萎える。

f:id:zel_8bit:20190330072357p:plain

どこでもセーブができるので、事あるごとに細かくセーブしいけるのが救いか…。

f:id:zel_8bit:20190330072442p:plain

尚、LV12でHPが2000まで増えるが、EXPを65535までカンストすると最高レベルであるLV13に上がり

HPがいきなり65535になる。訳が分からない(笑)。

とにかくかなり難しいゲームだが、LV13まで上げてしまえばもはや無敵なので余裕でクリアできる。




クレオパトラの魔境 マップ付き攻略チャート

<街>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街の入り口からゲームはスタートします。 主人公は最初武器を持っておらず、このままでは戦えません。

とりあえず武器屋(まっすぐ前に進んで突き当たりを左に行ったところにある)に行ってナイフ(100G)を購入しましょう。

盗賊は手強いので、悪徳商人や追い剥ぎと戦ってレベルを上げます。 とりあえずレベルが3(できればレベル4)

になるまでは宿屋の前を離れないほうが良いです。 セーブはまめにしておきましょう。 100G貯まったら道具屋で地図を買います。

また道具屋の主人に「話す」とスフィンクスの情報を教えてくれて、「ばしょいどう」でスフィンクスに行けるようになります。

 


<スフィンクス>

スフィンクスの胸の辺りを調べると、一つだけぐらぐらする石があります。
これを「取る」と、秘密の入り口を発見し、中に入れるようになります。
中には古い壺、穴のあいた石臼、棒があります。
壺の中には「女神の神殿に行き、神々に祈りを捧げよ」と書かれたパピルスがあります。
地図があれば女神の神殿に行くことができます。
また棒を石臼にはめて回すと、壁が崩れて棚が現れます。
棚には祈りの書があります。

 

<女神の神殿>

 

3人の女神はイシスのアンク、マアトのアンク、瑪瑙の玉を持っています。
全て取っておきましょう。
祈りの書を使って女神に祈りを捧げると、スフィンクスの石臼があった部屋に隠し扉が開き、礼拝堂に入れるようになります。
礼拝堂には金の羽根がありますが、取るとドアが閉まってしまいます。
これを取るには銀の羽根が必要で、銀の羽根を台に乗せればドアが開きます。
また右に進むと象形文字が刻まれているのを発見できます。

 

「カルーンの湖に住むセベクは、砂でできた塔を4匹の魔物に守らせていた。
遠き昔一人の勇者がセベクと戦い、XXによってセベクの力を封じ込めた」

 

これを読むと、湖に行けるようになります。

 

<湖の聖堂>

 

聖堂にはセベクの像が祭られています。
セベクのアンク、金の弓矢は忘れずに取っておきましょう。
瑪瑙の玉をセベクの瞳に「使う」→「はめる」と、湖の向こう岸に砂の塔が出現します。
またセベクの像に笛(500G)を使うと、銀の羽根が現れます。

 

<砂の塔>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはこのゲームで最も難しいと思われるところです。 ナイフではレッドバット、スコルピオ以外の敵と戦ってもまず勝てません。

入り口付近でこの2匹と戦って、レベルを5ぐらいまで上げましょう。 またこの塔では4匹のナーガが宝を守っていますが

倒すにはアヌビスの剣が必要なのでとりあえず最初にこれを取りましょう。

それにはマッチ(100G)とロープ(200G)が必要なので、道具屋で買っておきます。

お守り(200G)を使うと塔から脱出できるので、あると便利です。

 

最上階まではひたすら逃げまくって下さい。脇の部屋はとりあえず無視します。

最上階には青銅の扉がありますが、開けるには青銅の鍵が必要です。

ここの2歩手前の左の部屋に入ると床に穴が開いています。 ロープで下の部屋に下り

壁にセベクのアンクとマアトのアンクをはめると青銅の鍵が現れます。 これを使えば最上階の扉が開き、中にはアヌビスの剣とランプがあります。

アヌビスの剣を取ったら、ナーガを倒すためにレベルを上げましょう。

またマッチでランプに火をつけると虹の飾りが現れるので、忘れずに取っておきましょう。

ナーガはグラスナーガ、サンダーナーガ、ファイヤーナーガ、キングナーガの順に倒します。

グラスナーガ、サンダーナーガはレベル7ぐらいで勝てます。 サンダーナーガが持っている魔法の壺は飲むと一時的にHPがアップするので

すぐに取らずHPが最大の時に飲んで、そのままファイヤーナーガと戦うのが良いでしょう。

運もありますがレベル8~9あれば多分勝てると思います。

キングナーガはホルスの目を使えば催眠術を無効に出来るので、その隙に攻撃しましょう。

(下手するとファイヤーナーガ戦より楽かも) キングナーガが持つ伝説の首飾りを土産屋のお姉さんに渡すと土産屋は閉店になり

道具屋にランプが入荷されます。

女神の神殿に行き、イシスの像に金の矢、マアトの像に金の羽根、ハトホルの像に虹の飾りを置くと地下神殿への階段が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<地下神殿>

 

地下は真っ暗です。ランプがなければ進めません。 ドアには鍵がかかっていますが、イシスのアンクを使うと開きます。

ひとまず回復の壺がある部屋で戦い、レベルを上げましょう。 (毒の壺には注意)

 

地下神殿では通常セベクとスケルトンが敵として出現しますが、 奥の部屋ではスフィンクスが出ることがあります。

スフィンクスは宝箱を落とします。中身は風の笛、太陽の鏡、アメンの杖のどれかです。

アメンの杖は戦闘中使うと敵を一撃で倒せることがありますが、スフィンクス以外にはあまり効きません。

風の笛と太陽の鏡はクリアするのに必要です。必ず取りましょう。

 

霧がかかっている所で風の笛を使うと霧が晴れ、なぜかそこには土産屋のお姉さんがいます。

まず太陽の鏡を使い、正体を暴きましょう。 後は通常攻撃5回で倒せます。

倒すとイシスの涙を落とすので、これを奥の部屋の像にはめればエンディングです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です