ファミコンの探偵ゲームって名作多くないですか?

ファミコン全盛期時代。今のようにオンラインなど考えもしなかったあの頃は、探偵ゲームを

黙々と一人で進めていた人も多いのではないでしょうか。なかには徹夜してメモを書いて必死に推理していた人も。

そんなやり込める名作ファミコン探偵ゲームを紹介します。

きっと今やってもハマること間違いなしの名作揃いです!

 

徹夜でやりつくした!?名作ファミコン探偵ゲーム

犯人を捜索して、徹夜?でやり尽くした探偵ゲームは、夢中になっていた時から数十年の時が
過ぎても記憶に残っているものではないでしょうか。今でも犯人の名前を憶えている人なんて言うのも多いのでは?

①ポートピア連続殺人事件

あのドラクエでも有名な堀井雄二氏がシナリオを書いたファミコン初期の名作。

プレイヤーがボスとなり、助手のヤスとともに各地を回り、事件解決にあたります。

地下室移動は、当然3Dなどはなく、ただただ壁ばかりで超難解。

ラストはあまりにも衝撃の犯人で、未だに鮮明に覚えている人も多いのでは!?

『犯人は〇〇!』

まさかの展開でしたね




②北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

ポートピア~」と、「軽井沢誘拐案内」と合わせて、「堀井ミステリー3部作」と言われています。

前作のポートピアに比べ、グラフィックスなども格段に向上し、ファミコンの進化を感じた人も多いのでは。

摩周湖や屈斜路湖など、このゲームで北海道の名所を覚えたものです。ミニゲームのブラックジャックもハマりました。

 

 

③さんまの名探偵

明石家さんまを始め、吉本芸人が実名で多数登場する異色の探偵ゲーム。

なんと桂文珍が殺されることからストーリーが始まる。今、プレイすると懐かしい面々も出る一方

いまだに第一線で活躍しているさんまの凄さが改めて分かります。後継に、ナイナイが探偵で「ナイナイの名探偵」もプレステで発売されました。

 

④探偵 神宮寺三郎シリーズ

未だにスマホゲームで人気の「探偵 神宮寺三郎」シリーズ。ファミコン版でも4作出ています。

どの作品も甲乙つけがたいので合わせてのランクインにしました。なかでも「時の過ぎゆくままに…」は名作と評するファンも多い。

今までにはない時間内に一定のクリアをしないとゲームオーバーになるため、のんびりできなかった記憶がある人も多いゲームです。

⑤プロ野球?殺人事件!

江川が「いがわ」、原が「ほら」と名前を変えていても、顔がそっくりで一目で誰か分かるプロ野球選手が多数登場する探偵ゲーム。
東京、大阪、名古屋、所沢などプロ野球のフランチャイズ地を回りながら、いがわが難事件を解決していきます。
途中で、プロ野球選手の入団試験があったり、各球場パスがないと入れないなど、相当難易度が相当高く、クリアまでは、とてつもなくやりこまないと無理でした。




気になるソフトはありましたか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。