懐かしのゲーム紹介『F1レース』ファミコン

F1レース

ファミコンソフト【F-1レース】の概要

ファミコンソフト【F-1レース】は、1984年11月2日に任天堂から発売されたレースゲームです。

ファミコン初期時代に登場したレトロゲームの一つで、ファミコンのレースゲーム第一作目にあたります。

3種類の難易度があり、時間制限内に周回して規定周回を走りきる事を目的としたゲーム内容となっていました。

フォーミュラカーを操作して敵車を避けながら制限時間内に規定回周走るという内容である。
コースは難易度順に10コース用意されている。スタート画面で選択した3つの難易度毎に
1コース・3コース・6コースから始まり、そこから順に5コースまで走ることができる。
1周すると制限時間が増え2周するとそのコースはクリアとなる。なお5コース目は
制限時間が無くなるまで走る
(1コースから始めると5コースまで・3コースから
始めると7コースまで・6コースから始めると10コースまでとなる)。
コースアウトすると失速し、敵車や障害物にぶつかると
爆発と同時に停止しタイムロスとなる。制限時間が
無くなると減速後停止しゲームオーバーとなる。
ただしタイムオーバー後にゴールに到達した場合はその限りではない。

『とにかく早い者勝ちっ!』ドメイン取るならお名前.com

発売日 1984年11月2日
ゲームタイトル F1レース
メーカー名 任天堂
ゲーム容量 192K
価格(発売当時) 4,500円
備考 なし

F1レースの概要

F1カーを操作して多彩なコースを走行する
ファミコン初のレースゲーム。
疑似3D画面採用で、視点は後ろ斜めからの見下し。
他車を避けながら走行していき、制限時間内にコースを2周できればクリアとなる。
操作はアクセル・ブレーキ・ハンドル操作とギアがHI/LOWの2段切替。
他車や障害物に接触してしまうとタイムロスなので
なるべく接触しないように走るのが基本になる。
コースは全10コース。後半ほど難易度が高く
選択するレベルによって走行コースが異なり
  • SKILL LEVEL1:コース1~5
  • SKILL LEVEL2:コース3~7
  • SKILL LEVEL3:コース6~10
各レベルの最終コースは、制限時間がなくなるまで
走り続ける仕様でクリアはできない。
415km/hを超えると、最高速度・加速・グリップが
飛躍的にUPする「ターボ」と呼ばれる裏ワザが存在する。




ファミコン【F-1レース】の裏ワザ!ターボモードとは

ファミコンソフトには、様々な種類の「裏ワザ」と呼ばれるゲームテクニックが存在しました。

裏ワザには製作側が意図して隠し要素として仕込むタイプと、バグやエラーを利用したタイプが存在しましたが

F-1レースにおける裏ワザは隠し要素としての裏ワザとなっていました。

F-1レースにおける最高速度は415km/hに制限されていますが、ある手順を行い裏ワザを成功させると

最高速度が496km/hまで引き上げられ、コーナー性能も向上するというものです。

裏ワザ手順を簡易的に解説すると

1.最初の直線でコースの青いラインに車輪を半分だけ乗せて(減速するのは乗せすぎ)直進する

2.加速を続けて最高速度(415km/h)をキープし続ける。コーナーに入っても直進を維持する

3.加速を続けて415km/hから限界を超えて416km/hへとスピードアップしたら成功

文字で説明するとこれだけなのですが、これを実行するのが非常に難しく裏ワザを知っていても成功させるには技術と運が必要でした。




『とにかく早い者勝ちっ!』ドメイン取るならお名前.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。