懐かしのゲーム紹介『ジャンボ尾崎のホールインワンプロフェッショナル 』

ジャンボ尾崎のホールインワンプロフェッショナル

発売日 1988年2月1日
ゲームタイトル ジャンボ尾崎のホールインワンプロフェッショナル
メーカー名 HAL研究所
ゲーム容量 2M
価格(発売当時) 5,600円
備考 なし

■一言MEMO

イーストコースとウェストコースの計36のホールでプレイが可能。
オーソドックスなコースもあるが、かなり癖のあるコースが多く
池やバンカーの面積が芝地より広かったりすることも多い。
中にはコースの途中で森を挟むという無茶なものもある。
グリーンの芝目が矢印で再現されており、ボールもそれに従った挙動をする。
「ストロークプレイ」「トーナメント」「マッチプレイ」
の3つのモードがある。尾崎先生からのアドバイスが
もらえるのはストロークプレイ。状況に応じた様々な
アドバイスをしてもらえるが、何度も質問したり
どうしようもない状況で質問をしたりすると
だんだん答えが投げやりになっていく。
ファミコンということもあり、尾崎先生のメッセージは
基本的にひらがな表記。例えば、本来カタカナの
「グリーン」も「く゛りーん」と書かれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。