懐かしのゲーム紹介『パチンコタイム』




パチンコタイム

発売日 1989年12月8日 金曜日
価格(販売当時) 3,280円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 512K
メーカー ココナッツジャパンエンターテイメント

■一言MEMO

パチンコタイムとはどんなレトロゲーム?
このパチンコタイムですが、1989年に
ココナッツジャパンから発売された、
ゲームボーイ専用のパチンコゲームでした。
ファミコンでお馴染のパチ夫くんが、
携帯ゲーム機である、ゲームボーイで楽しむことができる。
ファンにはたまらない作品になっていました。
そんなゲームの目的は100発の出玉をもって、
2000発のパチンコ台を空にする。
こんなシンプルな目的になっていました。
今では珍しいのかもしれませんが、当時はパチンコ台に
制限数がかかっていまして2000発や3000発出したら、
一定時間遊戯できなくなるという、
なかなかの凄いシステムだったのですが。
そのシステムをゲームのクリアに結び付けるという、
なんとも面白い目的になっていました。
ゲームのシステムはオーソドックスなパチンコゲームで
どこに打つかのパワー調整をして
大当たりを待って無事に大当たりがきて
2000発をゲットすることができれば、
その台はクリアになってまた次の台をクリアしに行く
今まで通りのパチ夫くんになっていました。
今の時代のメインである、液晶の数字を揃えて大当たりを目指す
フィーバー機液晶などは無く、開く羽に拾わせて
出玉をコツコツと稼いでいく羽物
この2種類のパチンコを楽しむことできまして、
今の時代でも遊べるというのは良かったですね。
フィーバー機でドキドキを楽しむのか羽物でコツコツ進めていくのか
そんな昔ながらのパチンコゲームなのでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。