懐かしのゲーム紹介『QBILLION(キュービリオン)』




QBILLION(キュービリオン)

発売日 1989年12月22日 金曜日
価格(販売当時) 2,980円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 256K
メーカー セタ

■一言MEMO

画面内に詰んであるブロックを全て押し出し平らに
する事を目的としたパズルゲーム
GAME AとGAME Bのふたつのモードを楽しめる
GAME Aは:数字の書かれたブロックを移動して
すべて1に変えればクリア、全120ステージが
用意されているモードとなる1~30面まで面セレクトが可能で
以降は10面クリアごとにパスワードが
出てステージセレクトで選べる面が増えていく


GAME B:は同じ絵柄のブロックを4枚1組で消していくモード
画面上から全てのブロックを消し去ればクリアとなる。
ステージをクリアする毎に○×ゲームの要領で陣取りを行っていく。

セタと言えばあやかしの城を思い出すのですが
こんなパズルゲームもだしていたんですね~
そしてあやかしの城同様にこのゲームも難易度が高いというね
かなりの思考パズルゲームなのでじっくり
遊びたい方向けではないかと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。