懐かしのゲーム紹介『すごろクエスト ダイスの戦士たち』ファミコン

すごろクエスト ダイスの戦士たち

『すごろクエスト ダイスの戦士たち』は1991年6月28日に

テクノスジャパンからファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された

テーブルゲームの趣を取り入れたロールプレイングゲーム。

ボードゲームとRPGの要素を見事に融合させたシステムは

他に類を見ない斬新なタイトルである。

1994年にはSFCで続編が発売されている。

すごろクエスト』はすごろくの要素を取り入れたRPGである。

性能の違う4人のキャラクターの中から1人を選んで冒険に出発、クリアする事で新たな冒険に進む事ができる。

f:id:zel_8bit:20190516225918p:plain

冒険の中でキャラクターは成長していき強くなっていくRPGであるが、マップの移動から

モンスターとの戦闘まで全てダイスによって善し悪しが決まる。

このようにボードゲームの要素が強く押し出されているため、運の要素がかなり絡む作風となっている。

操作
十字ボタン キャラクターの移動、カーソルの移動、お店で他の品物を見る(左右)
Aボタン 決定、ダイスを振る、ウィンドウを開く
Bボタン キャンセル、ウィンドウを閉じる
スタートボタン ゲームスタート
セレクトボタン 使用しない

 

マップでのコマンド
いどう 出た目の数だけマス進む
まほう 魔法を使う
どうぐ 道具を使う
しらべる 現在値のマスをしらべる。(何度も調べると何か拾うこともある)
ステータス ステータスを見る。「おたから」はステージのイベントアイテム。
けんがく マップ全体を見る。(十字ボタン上下)

登場キャラクター

さあ、それでは冒険を始める前に4人の勇者を紹介しよう!

このゲームはキャラクターを別々に冒険させなければならないんだ。

だからそれぞれの個性をきちんと理解しておくのが上手に冒険を進めるコツだよ。

【ファイター】
あんまり魔法は得意じゃないけど攻撃力は抜群! 全体的にバランスがとれていて、どんな場面でも活躍できそうだ。
【エルフ】
体がとっても弱いけど強力な攻撃魔法を
ビシバシおぼえるぞ!
もう少し体力があれば安心して冒険できるんだけどなあ。
    【ドワーフ】
肉弾戦をやらせたら彼の右に出る者はいないぞ。とにかく腕力は世界一。だけどそんな彼にも弱点はある。魔法がまるっきり使えないんだ…。
【ハーフエルフ】
攻撃補助魔法の達人。だけどレベルが低いうちはなかなか苦労させられる。魔法を唱えるタイミングを間違えなければ、活躍してくれるだろう。




4人の勇者

f:id:zel_8bit:20190516230434p:plain

5つの冒険が用意されており、4人の勇者の中から誰が行くのかを選んで1人ずつ冒険する。

4人の勇者は「ファイター」「ドワーフ」「エルフ」「ハーフエルフ」が用意されておりそれぞれ特性に富んだ能力となっている。

 

f:id:zel_8bit:20190516225944p:plainf:id:zel_8bit:20190516225957p:plain

ファイターは攻撃と魔法をバランスよく扱える。     ドワーフは体力と攻撃力が高く肉弾戦向き。

 

f:id:zel_8bit:20190516230006p:plainf:id:zel_8bit:20190516230017p:plain

エルフはあらゆる魔法を使いこなす魔法専門職。 ハーフエルフは補助魔法が得意で肉弾戦も少しだけできる。

この中から好きな勇者を冒険に出して育てながらストーリーを進めていくことになる。

1人の勇者をずっと使ってもいいが、冒険毎に使う勇者を変更する事も可能。

サイランド王国

f:id:zel_8bit:20190516230027p:plain

出発拠点は冒険者たちの国「サイランド王国」

ここから魔物に襲われて助けを求めている各地方へ旅立つことになる。

f:id:zel_8bit:20190516230055p:plain

王国には冒険者ギルドがおかれており、様々なアイテムが販売されている。

f:id:zel_8bit:20190516230104p:plain

店の種類は道具屋、武器屋、セーブを行う冒険の記録所の3種類だけであり

ゲーム中で買い物が出来るのはサイランドのみ。




5つの冒険

f:id:zel_8bit:20190516230313p:plain

5つの冒険(ストーリー)があり、それぞれすごろくのようなマップが用意されている。

マップはすごろくのようにマスで区切られており、ダイスを振って出た目の数だけ進む事ができる。

f:id:zel_8bit:20190516230330p:plain

止まったマスによって敵が出たり回復できたりアイテムが入手できたりなど、さまざまなイベントが起こる。

始めは1つ目の冒険しかプレイすることができず、クリアする事によって次の冒険に旅立つことが可能となる。

f:id:zel_8bit:20190516230247p:plain

一度クリアした冒険は何度でもリトライできるので、他のキャラのレベル上げをすることも可能。

5つ目の冒険をクリアするとエンディングを迎える。

ドメイン取得はお名前.comがおススメ♪


【ダイスマンたち】

ダイスマンとは何者

戦闘中に主人公達を助けてくれるお助けキャラがダイスマンで、全部で6匹いるぞ。

これをダイスマン1号~6号と呼ぶんだ。数字が大きいほどよい働きをしてくれるぞ。

敵にクリティカルヒットを与えてダウンさせてしまったり、地面を揺らしてサイコロの『目』を

変えてしまったりするんだ。ただしあんまり役に立たないダイスマンもいるそうだから、ご用心

ちなみに数が大きいほど強力なダイスマンであり、6号はかなり頼りになる。

逆に小さい数のダイスマンは足手まといに他ならない。でも召喚した

ダイスマンはいつでも帰らせることもできるので安心だ。

しかし最弱であるダイスマン1号だけは帰ってくれない事がある(笑)

ラズボスのハデス

HP999あります

そして感動のエンディングです
運に左右されまくりで、チート魔法がないと難易度が大違いだが
普通に面白いゲームでしたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。