懐かしのゲーム紹介『ワルキューレの冒険』ファミコン

『ワルキューレの冒険』

『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』は1986年8月1日にナムコから

ファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたアクションロールプレイングゲーム。

のちにナムコの看板シリーズのひとつとなる「ワルキューレシリーズ」の記念すべき第一弾。

1988年にはPS2の『ナムコアンソロジー2』に収録され、2007年にはWiiのバーチャルコンソールで配信されている。

発売日 1986年8月1日 金曜日
価格(販売当時) 3,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 512K
メーカー ナムコ

ナムコから発売されたお財布に優しい当時3900円シリーズ。
神の子”ワルキューレ”を操作して剣と魔法を使って魔物を倒していきながら
悪の化身ゾウナの封印を目指すアクションRPGです

ワルキューレの冒険

f:id:zel_8bit:20190608055816p:plain

2月に任天堂の『ゼルダの伝説』、6月にエニックスの『ドラゴンクエスト』が発売され

ファミコンユーザーにRPGブームが巻き起こった1986年。

ブームの波にいち早く乗ったナムコが世に送り出したゲームが本作である。

f:id:zel_8bit:20190608060200p:plain

敵を倒し経験値を稼ぎ、宿屋に泊まるとレベルアップするシステムや

アイテムを入手し使用する事により謎解きをしてゆく攻略スタイルなどRPGの基本を踏襲している。

RPGというジャンルの黎明期ということもあり、プレイヤーに対して不親切な仕様が多い。

f:id:zel_8bit:20190608060211p:plain

例えば謎解きに関するヒントがほとんど無く、どのアイテムをどこで使うか?

などはプレイヤーが手探りでするしかない(村人などから情報入手もできない)など

まだまだRPGとしては雑さが目立ち、そのため難易度はかなり高くなってしまっている。

f:id:zel_8bit:20190608060748j:plain

しかしその攻略本必須と言える謎解きの難解さが逆に話題を呼び

後のナムコを代表する作品の処女作として後々まで語り継がれる事となった。

ストーリー

遥か昔…

マーベルランドの住民の心に住み着いた悪魔を神は時の鍵を使い封じ込めた。

それから長い間、平和な時代が続いたが、ある時一人の人間が時の鍵を使い悪魔の封印を解いてしまった。

f:id:zel_8bit:20190608064001p:plain

悪魔の名前は「ゾウナ」

人の心の悪の化身が具現化したゾウナは、次々と地上に悪魔を召喚し、マーベルランドに再び暗黒の時代が訪れた。

f:id:zel_8bit:20190608064214p:plain

人々の苦しみの声を聞いた神の子ワルキューレは、マーベルランドを救うため地上に降り立ち

時の鍵を探し出してゾウナを再び封印するべく冒険の旅に出たのであった。





ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20190608064041p:plain

主人公のワルキューレを操作しながら戦闘や冒険をしてゆく、トップビュー方式のアクションゲーム。

ゲームスタート時に血液型と星座を入力する事により、初期パロメーター値が体力型・知力型・バランス型のどれかに割り振られる。

この時入力した血液型と星座はその後の成長速度などにも影響が出る事になる。

f:id:zel_8bit:20190608064020p:plain

敵を倒し、経験値を貯める事によりレベルアップできるので、アクションが苦手でもレベル上げをすれば難易度を下げることが可能。

ダンジョンなどでアイテムを発見し、謎を解きながらストーリーを進めてゆく。

フィールドで敵とエンカウントすると上下左右に敵が現れ、倒すことで経験値やお金が手に入るが逃走することもできる。

f:id:zel_8bit:20190608064031p:plain

アイテムは8個まで持てるが、捨てる事ができないため、手持ちを減らしたければ

店で売却するか消費できるアイテムなら使い切らねばならない。

そのため荷物がいっぱいの状態でクリアに必須な重要アイテムを発見しても、取る事ができなく

最悪店まで戻らなければならなかったりするなど、少し面倒な仕様となっている。

パスワード方式によるゲーム中断が可能ではあるが、再開時には重要アイテム以外は全て無くなっているという辛い仕様である。

f:id:zel_8bit:20190608081500p:plain

この世界には時間の概念があり、プレイ時間の経過と共に昼と夜が切り替わる。

夜の方がより強い敵が出現するので気をつけなければならない。

尚、一部の謎解きでその時刻でなければ解けない仕掛けなども用意されている。

そして時は流れて・・・
改めて、ファミコンのカセット集めようと
思い立ってから手に入れたワルキューレの冒険。
完品のカセットを手に入れ、苦い記憶を
思い出しながらも箱をあけマップを
広げ懐かしんでいると箱の中に紙切れが!
見てみると、ノートの切れ端に書かれた
パスワード。前の所有者さんのものだと
思われるそのパスワードを早速入力してみると・・・そこには、私が挫折した宿屋に
白い姿のワルキューレが立っておりました。
しかも、結構つえ~!!

あの頃のうっぷんを晴らすかのように
しばらくプレイしましたが、
やはり他人が育てたワルキューレ。
いつか最初から自分でクリアしようと思いつつ、未だに未クリアのゲームの1つです。

それにしても、パスワードで再開したら
重要なアイテム以外なくなるっていう
あの仕様何とかならなかったんでしょうか?
あれも、挫折した原因のひとつかなぁ。

◆裏ワザ
『体力限界突破パスワード』
パスワードを
VVQ5K5H676FKUTT5K9
と入力します。宿でステータスを見てみると
体力の表示が006となっており
通常では999までしか上昇しない体力が
1006まであります。

『イナズマで錬金術』
知力を240まで知力まで上げて
イナズマを使用できるようにします。
敵が出現したらイナズマを使用し
敵をやっつけドル袋に変えます。
その状態でもう1度イナズマを使用します。
そうすると、ドル袋の価値が通常より
20~50倍になります。

『パッケージの文字がパスワードに!』
パッケージに書かれている文字
NAMCOT、品番のNWB3900
カセットの番号17を使い
パスワードを
NAMCOTNWB03900NO17
と入力しスタート。するとレベル47
スーパーヘルメットを持った状態で
始められます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。