【ファミコン】ハイドライド・スペシャル ファミコン初の本格RPG

ハイドライド・スペシャル

1984年にパソコン版をベースに移植されたアクションRPG。

パソコン版では2から使用可能だった魔法が使えるのが

ファミコン版のハイドライド・スペシャルの特徴となっている。

機種 ファミリーコンピュータ
メーカー 東芝EMI
ジャンル RPG
発売日 1986年3月18日
価格 4,900円
累計売上 ?本

ゲーム概要

ゼルダの伝説のような見下ろし型のアクションRPG。
プレイヤーは、勇者ジムになって3人の妖精を探し出し、悪魔バラリスの城を目指します。

攻撃方法は、体当たりと魔法。
正面から攻撃するとダメージを受けるので後方からの攻撃が基本。

攻撃力が高く、その分防御力が低いATTACKモードと攻撃力が低く、防御力が高いDEFENSEモードの2つから選択ができる。

ゲームクリア

妖精にされたアン王女を救出して悪魔バラリスを倒し、フェアリーランドに平和を取り戻す。

ゲームオーバー

ジムのライフがゼロになる。

コントローラー操作

十字ボタン ジムの移動
Aボタン 攻撃
押すATTACKモード
離すDEFENSEモード
Bボタン 魔法の選択
Aボタンを押しながらBボタンを押すと使用
セレクトボタン ウィンドーを開く
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

ゲームストーリー

王様の住んでいる宮殿と、広大な緑の国フェアリーランドは、宮殿に祭られた三つの宝石によって

王国の平和がたもたれていました。人間と妖精達は、おたがいに助け合いながら仲よくくらしていました。

ところが、ある心ない人間の手で宝石のひとつが盗まれてしまいました。数が足りなくなった宝石は輝きを失なってしまい

ついに宝石によって封印されていた最強の悪魔バラリスが目をさましてしまいました。

フェアリーランドの平和はみだされ、残る宝石もどこかにとばされてしまいました。

悪魔バラリスは、国王の娘、アン王女までも魔力によって三人の妖精にしてフェアリーランドのどこかにかくしてしまったのです。

さらに悪魔バラリスは、国中に怪物をときはなち、フェアリーランドを支配してしまいました。

この悪魔バラリスの悪業にたえかね、平和なフェアリーランドをとりかえすために一人の若者がたちあがったのです。

彼の名はジム君。ジム君は、剣とヨロイに身をつつみ、怪物のうごめく荒野へ敢然と挑戦していったのです・・・・・・。

説明書より

再開方法

この時代としては画期的なセーブとロード機能が採用されていた。
ただし、電源を切ると無効なのでコンティニューするにはパスワードが必要だった。

ハイドライドスペシャルの裏技

無敵

  1. 「GAME」を選択してゲーム画面に戻る×4回。
  2. わざとゲームオーバーになる。
  3. 何も操作せずオープニングデモを見る×2。
  4. パスワードを3回連続で間違える。
  5. パスワードを3DGOLFSUPERVERと入力する。

 




操作方法

ジム君の操作がよくわからない人は、左図を参考に、以下の説明を読んでください。

十字キー・・・ジム君の移動

ゲーム画面は上からの見下ろし型なので、十字の上下左右に対応してジム君は上下左右に動きます。

Aボタン・・・攻撃、守備の切り替え

これがちょっと曲者。詳しく説明すると、
Aボタンを押す → 攻撃態勢に入る
Aボタンを離す → 守備態勢に入る
基本的に敵への攻撃方法は、体当たりで行います。つまり、攻撃態勢に入ると

体当たりの時にダメージを与えやすくなるが、守備が弱くなり受けるダメージも大きくなる

守備態勢はその逆。時と場合に応じて、これらを切り替えるわけです。
ちなみに、現在どちらの状態にあるかは、画面の5の表示で判別できます

(攻撃態勢=’ATTACK‘、守備態勢=’DEFEND‘と表示)。ジム君のグラフィックを見ても、Aボタンに何の反応も起こしません。

Bボタン・・・魔法の選択・使用

先に、魔法についての説明を。頭の番号は、画面の表示位置に対応しています。
6・TURN・・・魔法を唱えたときの敵の向きを反転させる。魔法消費量20.
7・FIRE・・・ジム君の向きに小さな火の玉を発射する。敵を倒す以外にも使い道が。魔法消費量30。
8・ICE・・・ジム君の向きに氷の玉を発射。FIREと違う点は、障害物を貫通すること。魔法消費量40。
9・WAVE・・・ジム君の向きに、敵を貫通する衝撃波を発射。但し、左右の向きにしか使えない。魔法消費量50。
10・FLASH・・・光のフラッシュを発生させ、画面全体の敵を同時に倒す。一部効かない敵もいる。魔法消費量60。使用する場合、まずBボタンで使う魔法の選択をします(Bボタンを押すごとに、選択している魔法がかわる。選択している魔法は、5~10のいずれかに表示される)。

唱えたい魔法が表示されたら、Aを押しながらBを押すと、その魔法が使用されます。ただし、必要な魔法量に達していない場合、使うことが出来ません。
一部の魔法は、攻略に重要な役割を果たすこともあります。それについては後ほど。

スタートボタン・・・ウインドウの表示

ウインドウを開くと、以下のコマンドが表示されます。それぞれ、Aボタンで選ぶと次のような反応を起こします。ITEM・・・現在所持しているアイテムを表示します。アイテムは全部で13種類。どれも持っているだけで効果を現すものなので、表示されたアイテムは見るだけです。
SAVE・・・現在の状態(現在位置、ステータス、所持アイテム)をカセットに保存しておきます。

ただし、バッテリーバックアップ機能ではないため、電源を切るとセーブしていたデータは全て消えます。

主に、ゲームオーバーの危険がある場所に行く時に使います。
LOAD・・・カセットに保存されているセーブデータを読み出します。

もちろん、電源を切る前のデータを読み出すことは出来ませんが、SAVEとLOADを使うと

ゲームオーバーの度にいちいちパスワードを打ち込むという手間がかかりません。

SPEED・・・ゲームのスピードを調節します。HIGH SPEEDにすると、普段のジム君や敵のスピードがアップし、画面切り替えもスクロールせず一瞬で行います。

PASSWORD・・・パスワードを表示します。これをとっておけば、電源を切った後でも、パスワードを打ち込むことで前の状態から再スタートすることが可能です。

(ただし、経験値は0から、場所はスタート地点。他のステータスや所持アイテムは保存されています。)

GAME・・・通常のゲーム画面に戻ります。これを選ばなくても、スタートボタンを押すことで同じ動作を起こせます。

しかしこのコマンド、裏技を使う場合なくてはならないものなのです。

操作の説明は以上です。あと、画面の1~4のステータスバーについて。

LIFE・・・生命力です。0になるとゲームオーバーとなります。レベルアップごとに最大値が10ずつ上がります。
STR・・・攻撃力を表します。レベルアップごとに10ずつ上がります。
MAGIC・・・魔法量を表します。レベルアップごとに最大値が10ずつ上がります。
EXP・・・経験値です。100ポイントためるとレベルが上がり、経験値はゼロに戻ります。
各バーの目盛りは、いずれも10ごとに打たれています。最大で100ポイント。

それでは、ゲームを楽しんでください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です