懐かしのゲーム紹介『ドンキーコングJR.の算数遊び』ファミコン

ドンキーコングJR.の算数遊び

発売日 1983年12月12日 月曜日
価格(販売当時) 4,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 192K
メーカー 任天堂

「ドンキーコングJR.の算数遊び(任天堂)」は「ドンキーコングJR.(任天堂)」

を基本部分に置いた算数学習ゲームです。2人同時プレイ

1人プレイで加減乗除の練習を行う事が出来ます。

■3つのゲームモード

「ドンキーコングJR.の算数遊び(任天堂)」には3つの

ゲームモードがあり、タイトル画面で選ぶようになっています。

  • CALCULATE A
  • CALCULATE B
  • +-×÷ EXERCISE

CALCULATE A…

2人で対戦しながら加減乗除を学べるモードです。

「CALCULATE」は日本語では「計算する」と言った意味になります。

CALCULATE B…

2人で対戦しながら加減乗除を学べるモードです。

内容は「CALCULATE A」と同じですが、基盤となる数を

与えられた状態で始まるようになっています。

+-×÷ EXERCISE…

加減乗除のお稽古が出来るモードです。

「CALCULATE A」、「CALCULATE B」とは違い1人プレイ用になっています。

「EXERCISE」は日本語では「練習」、「お稽古」と言った意味になります。

タイトル画面で流れる曲は「ポパイの英語遊び(任天堂)」と同一の曲になっています。



ジュニア(Iプレイヤー自機)

画面の左下にいるのがIプレイヤーの自機「ジュニア」です。

ピンク色ジュニア(IIプレイヤー自機)

画面の右下にいるのがIIプレイヤーの自機「(ピンク色の)ジュニア」です。

鎖と数字

画面の左右には左6本、右6本の鎖が吊るされています。

その内の左3本、右3本には1から9までの数字が置かれています。

浮島と四則演算記号数字

画面下には4つの浮島があり、+-×÷が置かれています。

ドンキーコング

画面中央上にはドンキーコングがいます。ドンキーコングは

数字の表示されているプレートをてに持っています。

IプレイヤーとIIプレイヤーは鎖に置かれている数字と浮島の

+-×÷を使ってどちらが先にこの数字を作る事が出来るかを競います。

計算領域

画面上、左右にある横長の方形領域は計算を行う領域です。

左側がIプレイヤー用、右側がIIプレイヤー用になります。

「CALCULATE B」ではあらかじめ基盤となる数字が入れられています。

勝利数

計算を行う領域の下には現在の勝利数が表示されます。

勝利する毎に「WIN.」の横にリンゴが表示されて行くようになっています。

左側の「WIN.」がIプレイヤー、右側の「WIN.」がIIプレイヤーの勝利数を示します。

ドメイン取得はお名前.comがおススメ♪


 

【中古】【表紙説明書なし】[FC]ドンキーコングJr.の算数遊び(19831212)

価格:6,160円
(2022/2/7 10:53時点)
感想(0件)

ファミコン売れ筋ランキング!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です