懐かしのゲーム紹介『アイスクライマー』ファミコン

アイスクライマー

アイスクライマーとは、1985年に任天堂が発売した ファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。

「アイスクライマー(任天堂)」には2つのゲームモードがあり タイトル画面で選ぶようになっています。

また、タイトル画面ではゲームを開始するステージ(山)を 選ぶ事が出来るようになっています。

  • 1 PLAYER GAME
  • 2 PLAYER GAME
  • MOUNTAIN —

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発売日 1985年1月30日
ゲームタイトル アイスクライマー
メーカー名 任天堂
ゲーム容量 192K
価格(発売当時) 4,500円
備考 バーチャルコンソール有

発売当時、そのゲーム性が大きな人気を呼んだ作品で 同年に『VS.アイスクライマー』としてアーケードゲームに登場。

1988年11月18日には『VS.アイスクライマー』を元にした内容の ディスクシステム版も発売されている。

ただし、25面~48面の 頂上を飛んでいるのは青いコンドルになっていた タイトルBGMも

アーケード版のアレンジになっている。 ファミコン版発売から時を経ても根強い人気でファンが多く

2004年2月14日に発売されたファミコンミニ第1弾の タイトルにも選ばれた。

純粋な単品移植ではないが NINTENDO64版の『どうぶつの森』のプレイデータを ニンテンドーゲームキューブ版の

『どうぶつの森+』に移し替える サービスを任天堂から受けると、この『アイスクライマー』が

ゲーム内ゲームとしてプレゼントされた。 Wiiのバーチャルコンソールでも2007年1月16日に 配信が開始され

2008年1月31日発売の『大乱闘スマッシュブラザーズX』 にはその体験版が収録されている。

2020年現在、3DS、wii、Switch等でダウンロード販売されている。

 アイスクライマー 』の基本操作

十字キー キャラクターの移動
Aボタン ジャンプ
Bボタン ハンマーを振る

登場キャラクター

ゲームにはプレイヤーの他、4種類のキャラクターたちが登場します。

トッピー

アシカのようなキャラクターの「トッピー」。穴が空いているブロックを見つけると

氷を運んで埋めていきます。プレイヤーが当たるとミスになってしまうので、ハンマーで追い払いましょう。

ニットピッカー

プレイヤーが移動したい方向の周りを飛び回って邪魔してくる「ニットピッカー」。

こちらも当たってしまうとミスになるので、ハンマーで追い払いましょう。

ホワイトベア

一定時間経つと出現して、フロアを押し上げていきます。このときに画面の下にいるとミスになるので注意しましょう。

コンドル

山頂にいる「コンドル」。これに捕まることで、ボーナス得点をゲットすることができます。

 

 

概要

ひたすら頂上を目指すゲーム。
各面、頂上ではボーナスゲームが待っています。
二人同時プレイも可能。ですが…
画面の表示に限界があり、
一度スクロールさせた画面には戻れない為
2Pプレイの場合は、相方の進み具合にも注意が必要です。
ゲーム画面1
基本、上階の床をジャンプで壊し、その隙間をジャンプで上って進めていきます。
ただ、ジャンプには若干クセがあり、コツを掴まないと着地に失敗して落ちてきます
ゲーム画面2
ステージが進むと動く雲や(自動的に)滑る床が登場します。
雲は下から通り抜ける事はできないので注意が必要です。
※タイミングをミスると叩き落される事も(苦笑
また、頭上からツララが落ちてきたり
床を氷で修復されたりと、徐々に難易度が上がっていきます。
ボーナス面
ボーナス面。
アイテムを取りながら上を目指します。
動く雲が大事な足場であると同時に障害物でもあります。
何度、下階に突き落とされた事か…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。